ヒューマンズ シーズン1第8話(最終話)のあらすじと感想

ヒューマンズ シーズン1 第8話のあらすじ&感想

遂にホブ教授の手に堕ちたレオら意識を持つシンス達。

シンスが多くの役割を担っていることに危惧を抱く人間も多い中、彼らの存在は危険と判断されるのも無理はありません。

目覚めたレオはミアやニスカ達と拘束されていることを知り愕然とします。

ホーキンス家では警察の家宅捜索が入り、携帯電話やパソコンなどが押収されていました。

上司を尾行したピートもホーキンス家の捜査に何食わぬ顔で加わり、彼らの会話を聞きます。

何とかミア達を助けたいローラは家族を呼び出し対策を考えます。

そして、意識のあるシンスの存在を公表するとホブを脅すための証拠としてレオの記憶の映像があるとマティーが思いつきます。

図らずも壊れかけていたホーキンス家の絆が蘇ったようです。

拘束され、今にも殺されそうなレオ達5人ですが、全員が揃っているこの機会に「意識のカギ」を起動させようと試みます。

しかし起動は失敗。

なぜなら「全員」が揃ってはいなかったからです。足りないのは部屋の外で彼らを見つめるカレンでしょう。彼女が協力するとは思えませんが。

ホブの元には政府の高官が到着し、廃棄したはずのフレッドが無事なのを見て彼を責めます。

そこでホブは意識を持ちながら従順なシンスを作りたいという自分の目的を明かしました。

そんな虫のいい・・と思いましたが、起動されたフレッドはホブに襲い掛かりますが、追加された新たなプログラムのため危害を加えることは出来ませんでした。

感情を与えられ、自由を奪われたフレッドは絶望しますが、政府高官は意識がありかつ従順なシンスの可能性に満足した様子です。

マティーのパソコンを取り戻そうとするホーキンス家ですが、突然ピートが押し入り、特別なシンスについて聞きます。

ミア達を助けたい一家と、カレンの秘密を知りたいピートの利害関係が一致し、彼らは協力し合います。

パソコンを取り戻したマティーとトビーはピートの車で脱出し、ローラは警視正にホブを呼ぶように言います。

フレッドを除くミア達は廃棄されることとなり、レオも彼らと一緒に殺して欲しいと言いますが、

人間の体と機械を結合させた方法を知りたいので検査をすると言われます。

殺されるより恐ろしいです。

そこへ、電話が入りホブは退室します。その様子を終始見ていたカレンはどんな気持ちなのでしょうか。

ホーキンス家に呼び出されたホブに「レオの記憶映像のコピーがある。」と告げるローラ。

彼らを拘束するなら映像を公開すると脅します。

映像の存在が本物であるとわかり、取引に応じたホブは全員を開放します。

見せかけの開放のようですが。そんなに甘くはないですよね。

ローラから衣類や現金を受け取ったミア達は合流したマティー達とも別れを済ませ去ろうとしますが、フレッドの追跡装置により追っ手が来てしまいます。

身を隠すため、一行は教会の地下に潜みます。

プログラムを書き換えられているフレッドは意識に反し近づいてきた仲間を攻撃してしまい、電源を切られます。

ホブに電話し、追跡するなと言うレオ。

ホブはエルスターのコードは入手したから構わないと答えますが、コードは未完成だと言われ、慌ててコードをチェックします。

電話を替わったカレンはレオに自分たちに合流してくれと言われます。

教会の地下でカレンを待つ間、ローラは遂にトムのことをジョーに告白します。

ショックを受けるジョー。そこへ、カレンが到着します。

自分が協力すれば意識が増えると危惧するカレンに、家族を助けたいと懇願するレオ。

結局カレンは協力することになり、6人で意識のカギ起動を試みます。

カレンにより一度は阻害されますが、ミアの説得により協力が得られ、マックスは意識を取り戻します。

喜ぶレオ達ですが、フレッドが操られていることに変わりはありません。

カレンは彼らを見届けて去り、ニスカはコードを信頼できる人物に預けようとローラに渡します。

彼らも意識を持つシンスを増やすことが良いのか判断つきかねているようです。

追跡装置がついているフレッドは電源を落としたまま教会の地下に隠され、ニスカは自ら一人で生きる道を選びます。

ミアとレオそしてマックスはローラ達に別れを告げ出発します。

ようやくカレンを見つけたピート。

「来るか?」と彼女に聞き、二人は並んで歩き出します。カレンがようやく幸せを見つけたようですね。

彼女は生まれた瞬間から否定され、その後ずっと自分は過ちだと思って生きてきたので良かったです。

日常が戻ったホーキンス家。

マティーが自分のハードドライブがないと言います。

意識を起動するためのコードが入っているであろうそのハードドライブはニスカの手にありました。

これが次のシーズンの展開のカギになりそうですね。

意識を持ったアンドロイドの反乱というありふれた内容かと思いましたが、彼らの苦悩や取り巻く人々の背景が複雑に絡み合い、とても面白いドラマでした。

来シーズンもぜひ視聴したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です