スクリーム・クイーンズ シーズン1第3話のあらすじと感想

スクリーム・クイーンズ シーズン1第3話のあらすじ

第三話:「悪魔のチェーンソー」

グレースとゼイディはいつまでも姿を現さないシャネルの2番に疑問を抱き、彼女を探しはじめます。

大学では次々と死人が出ていますが、大学側は連続殺人犯がいるという噂を拒否し、元の生活へ戻るようにと繰り返すばかり。

そんな中、取り巻きとの絆が弱くなったと感じて焦るシャネルは、新たな取り巻きを増やす行動に出ました。

スクリーム・クイーンズ シーズン1第3話の感想

チャドの親友でゲイのブーンは、結局検視で自殺ということになったそうです。

つっても生きてるけどさ、やつ。

それに検視っていつしたんだよ~絶対判ったはずでしょ、死体じゃないって~。

殺人犯が着ている全身赤色の「赤い悪魔」というのは、実はウォレス国立大学のマスコットキャラクターだそうですね。

80年間マスコットだったらしく、それでトミーの部屋で赤い悪魔のコスチュームを見つけて悲鳴を上げたグレースに、トミーが「アメフトの応援用だろ」と言っていたわけが判りました。

大学のコスチュームなら、持っている人も多いんじゃないかなあ・・・。

グレースもそう思ったようで、後でトミーにちゃんと謝りにいきます。

そしてまた二人で捜査を始めるのですが、トミーに会いに行ってコスチュームを見つけたことは、ちゃんとルームメイトのゼイディに伝えていました。

もう一人で出歩かないで、と叱るゼイディが頼もしいぞっ!!

やっぱりこの子はしっかりしています。

グレースとゼイディは姿を消してしまったシャネルの2番は殺されているのではないか、と思って、部屋を訪ねたりして探し始めます。

死んだと思われる状況証拠ばかりなのですが、だけどツイートは更新しているみたいだし・・・とグレースは悩むのです。

しかしツイッターの画像が不自然なこと、2番は実家へ帰っているというシャネル達の言葉もあって、わざわざ実家までいくんですね。

当然シャネル2番は家には戻っていませんでした。

しかし両親は「あの子はお酒でトラブルがあるの。病気なのよ」と言い出すし、

父親にいたっては「居なくなったのなら探してくれ。そして、2度とここへは戻らないようにしてくれ」というのです。

・・・悲しいわ、シャネル2番。

親からは疎まれ、死体は隠され、生存しているように操作されて・・・。うう。

赤い悪魔は1日ほど殺人を休んでいたようですが、また動き出したようですね。

次の標的は、なんと新マスコットのコニー(アイスクリームのキャラ)でした。

元々目立たない小さな男子学生がコニーのマスコットを着る仕事を割り当てられたら、

女の子には好かれるし何しても怒られないし、で調子にのってしまったんですね。

部屋にマスコットを着たまま戻ると、赤い悪魔がチェーンソーを持って待っていたのです。

ソフトクリームVSレッドデビル!!

シュールな画だっ!!

ソフトクリームのコニーは奮闘しますが、何と言っても身軽ではありません(だってソフトクリームですからね・・・コーンの部分が)。

そんなわけで、可哀相に首から切断されてしまったのでした。

赤い悪魔の勝利。

彼、目立たなくて地味な学生だったそうですから、部屋で死体が発見されるのもいつになることやら・・・。

一方、何とかチャドとの仲を修復したいシャネルは、

ブーンの死でショックを受けるチャドを慰める作戦で迫りますが、彼からは「今年のお前のところの新入生は、マジでイケてない。

あれを思い出すと萎えるんだ。だから別れる」と取り付く島もない返事。

マンチによって今年は希望者が全員見習いにさせられたシャネルは地団駄踏んで悔しがりますが、

元々ファッションが大好きだけど背骨湾曲によって首を機械で支えていることもあってお洒落になれなかったと呟く新入生のへスターを、

「イケてる美女」に返信させて取り巻きにすれば、チャドも自分をみなおしてくれるのではないか、と考えるのです。

へスターの首を支える機械を取り外し、美女に変身させてしまいました!

彼女はシャネルの6番に決定したのです!

うーん、確かに可愛い・・・。元々もってるものは良かったのだよね。

へスターを美しく変身させて6番を与えたシャネルに激怒したのは5番でした。

彼女は立ち上がり、怒り狂って叫びます。

「あなたはルールを乱してるわ!会長にはふさわしくない!」

5番って、真面目ですよね・・・。

きっと理想が高く、ハッキリとしているのでしょう。

ゲイのブーンが男子社交クラブを出てKKTに入りたい、といったときにも激怒してこれをとめていましたし。彼女は会長に向いていると思う・・・。

そういえば、あまり前には出てこない、いつも耳当てをしていて声の低い美女のシャネルの3番は、

新入生でレズビアンのアジア系女子学生のサムに近づいていましたね。

どうやらサムはレズだけど頭がよく信頼できる相手、と見たようで、自分の秘密を打ち明けにきたのでした。

シャネルの3番も途方もなくお金持ちのお嬢様ですが、実は本当の父親は違う人間であるということが、去年DNAテストをして判ったようです。

その父が、何と!

チャールズ・マンソン!!!

アメリカを代表する「悪の象徴」だったというのです!どっひゃー。

そりゃあでかい秘密ですね、ええ。

彼女のお母さんはちょっと変わった人のようで、刑務所の殺人犯と文通で知り合い、子をなしていた、ということのようです。

とにかくその出生がばれたら、次に殺人が起こったときには自分が疑われるはず、だからアリバイを証明してくれる人が必要なのという話なのです。

サムは「すげえ」と一言いって、お互いにアリバイを証明しあうアリバイ仲間になると約束しました。

その頃チャドは、自分が住む男子社交クラブにおいて、ブーンは自殺ではなくて殺されたに違いない、と話していました。

だから殺人犯の標的はKKTだけでなく我々もであること、ブーンの敵をとるために赤い悪魔に立ち向かうぞ!と男子をけしかけます。

・・・男子学生、間違いなくバカの集まりです。

皆で真っ白な格好してバット持って夜の大学敷地内を徘徊し、赤いものは何でもブッ叩いて回ります。

赤い車をぼこったりね・・・バカだ、ホント。

しかし頑張っておバカな行動をしたかいあって、赤い悪魔がチェーンソーを持って現れました!

男の子達は咆哮をあげて、バットでチェーンソーの悪魔に立ち向かっていきます!

しかしここで、後ろからもチェーンソーの音が聞こえるのです。

え?と思って振り返ると――――――

そこにはもう一人の赤い悪魔が!

やっぱりかーっ!!

赤い悪魔が大学のマスコットであることから、

コスチュームを持っている学生がたくさんいるって時点で殺人鬼は複数じゃないのか?って思ってたんですよー!!

そう、大体ブーンは生きているんですしねっ!

チャド達は二人の悪魔(チェーンソー付き)にも臆せずに突っ込んでいきます。

しかし中々チェーンソー遣いのうまい悪魔達で、バットはどんどん折られて形成は逆転、チャドは道に倒れたところを狙われます。

しかしチャドを助けに突っ込んできた学生のお陰で助かるのですが、その男子学生は両腕を切り落とされてしまいました・・・。

血気盛んな5人の男子学生VS二人の赤い悪魔も、悪魔の勝利。

この時ずーっとBGMが90年代を代表する懐かしのバックストリートボーイズの音楽だったので、それで学生5人が真っ白な格好をしていたことが判りました。

バックストリートボーイズのミュージックビデオと一緒・・・(笑)

だけどこれ、2015年の若者にわかるのかしら・・・。おばちゃん、わかったけど!

KKTのOGで弁護士のジジはグレースの父とコーヒーを飲む仲になっていましたが、それをよく思っていない学生部長のマンチにとことん邪魔されます。

やっぱりね・・・。

マンチは堂々と「私と私の男の邪魔をしないで!」と言い放ちますからね。

ジジは弁護士らしく「人を物扱いしないで」と進言していましたが。

マンチはジジとグレースの父の仲を引き裂こうと、しばらく住み込むことにしたKKTのダイニングでのサラダデートにもついてきます。

グレースの父ははっきりと迷惑に思ってるようでした(苦笑)

ところがこの後、一階のソファーで寝ようとしたジジが赤い悪魔に襲われるのです(チェーンソー付き。今回はとにかくチェーンソーの回です)!

彼女は一般的な反応、つまり絶叫して飛び起き、逃げ回って戦うのですが、悲鳴を聞いて飛び起きてきたのはKKTのメンバーと外で車で寝ていたグレースの父。

グレースの父は駆けつけ、ジジと一緒に戦うのですが、チェーンソーで突き刺されて腕を怪我してしまいます。

そこに決まったのがジジの回し蹴り!赤い悪魔はチェーンソーを落とし、逃げ出しました。

凄いよ~!この弁護士!美人なだけでなく、無駄に明るいだけでなく、武道のたしなみもあるようですよ~!!

最初はどうかな~、この人。

と思っていたのですが、今や私は彼女が好きです。まともに見えるし、明るくて美人で冷静。

とにかくジジとグレースの父は無事でした。

心配して降りてきた学生達に

「2階に上がって鍵かけて、警察を呼んで!」

と指示も出します。

おお~・・・さすが、弁護士。このドラマで数少ないまともな神経の持ち主!

そこへ遅まきながら降りてきたのは学生部長のマンチです。

何があったの!?と叫びますが、ジジは呆れ顔、グレースの父は険しい顔で、赤い悪魔が落としていったチェーンソーをマンチへとつきつけます。


警察が来るまで動くな

おお、父ちゃーん!格好良い~!

やっぱり、マンチさん怪しいですよね。

この時グレースは仲直りをしたピートと共に、20年前にKKTのメンバーで2単位落としただけで退学させられた女性が何か関係あるのではないか、と考え、二人で調査にいっていて留守でした。

マンチは何を考えているのか、グレースは大丈夫なのか、ブーンや消えた2体の遺体はどこへ行ったのか!?謎は深まるばかりです~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です