インポスターズ~愛しの結婚詐欺師~シーズン1第1話 あらすじ&感想

インポスターズ シーズン1 第1話のあらすじ&感想

第一話:「僕の元奥さん」

家族経営の“BLOOM BOOT & HEAL”で父、母、兄と働くエズラは美しい妻エヴァと結婚し、幸せの絶頂に居ました。

結婚28日目の彼女へのプレゼントはアンクレット。エヴァは外国人のようです。

フランス語訛りがセクシーですね。

ペネロペ・クルスのスペイン語訛りも米国人男性にはすごくセクシーに感じられるみたいです。

結婚29日目の贈り物である子犬を購入しようとペットショップに行ったエズラは自分のカードが全て使えなくなっていることに驚きます。

慌ててATMに走ると口座の残高も0円になっていました。

帰宅し、金庫に向かうとやはり空になっています。そして彼の美しい妻も忽然と姿を消していました。

愕然とするエズラは壁に描かれた“www.ブルーム婦人.com”のアドレスを見つけPCを開いてアクセスします。

そこには妻のエヴァが現れ「私にはもう会えない。家族や友人には性格や文化の不一致で別れたと伝えて。」

と語ります。

そして、エヴァの指示で冷蔵庫の封筒を開け驚くエズラ。

エヴァは続けて、もし自分を探そうとしたらその封筒の中身を家族はおろか世界中に暴露すると釘を刺し、

「あなたはいい人よ。また誰かを愛せるわ。前に進んで。」

と別れを告げます。

エズラは必死で妻の手がかりを探しますが見つからず、エヴァのただ一人の肉親であるキャサリン叔母さんにも連絡しますが、電話が繋がりません。

その頃、空港のカウンターに“マディ・ジョンソン”と名乗る美しい金髪の女性が現れます。

そう、エヴァです。フランス語訛りもありません。

バカンスのため偶然空港に居合わせたエズラの兄ジョシュはそうとは知らず美しい彼女をラウンジまで追いかけナンパします。

凄腕の詐欺師である彼女はジョシュに話しかけられても表情を変えず、サングラスさえ取ってみせます。

しかし話していくうちに目の前の女性がどうも弟嫁に似ていることに気づき、それを察知したマディも去ろうとします。

去っていく彼女の足首に 28 日記念日のアンクレットが光っていることを見つけたジョシュは彼女がエヴァであることを確信し、追いかけます。

しかし、見知らぬ老人にぶつかられた挙句、鼻を折られ、エヴァを取り逃がしてしまいます。

シカゴ行きの飛行機でほっと一息つくマディの隣にさきほどの老人が座ります。

その正体は今朝死んだはずの BLLOM BOOTS & HEAL の社員、エリスでした。

キャサリン叔母とエリス、エヴァは詐欺チームだったんですね。

翌日、会社ではエヴァがエズラの全財産を持って姿を消したことで父親がカンカンに怒っています。

当然彼女を探して財産を取り返そうと息巻きますが、エズラに「彼女は探さない。」とエヴァの残した封筒を渡されます。

封筒の中身は父親の浮気とおじから特許権を奪った事実の証拠でした。

妻に裏切られ、父親に失望したエズラは会社を辞めると言い残し、その場を去ります。

一人自宅で結婚式のビデオを観ていてキャサリン叔母とエリスの距離感が初対面の他人の割に近いことに気付いたエズラ。

ちょうど訪ねて来た同僚のギャビーに「2人は夫婦でエヴァを操っていたのかも。」と推測を語りますがギャビーは相手にせず、シャワーを浴びて呑み行こうと誘いだします。

エズラ、詐欺にあっても仕方ないぐらいのボンボンですが意外と勘がするどいですね。

エズラがギャビーを連れて行ったのはエヴァとの出会いになったレストランでした。

パリに憧れていたエズラが訪れたこの店で働いていたのがフランス語訛りのベルギー人に扮したエヴァだったと言うわけです。

全てリサーチしていたとしたら大した詐欺師ですね。

したたかに酔った二人はエズラの家へ行き、いいムードになります。

ギャビーはもともとエズラのことが好きだったのでしょう。エズラの「訛ってみて。」という女々しくてキモいお願いにも応えようとするところが健気です。

結局、どうしてもエヴァが頭から離れないエズラを見てギャビーは去ります。

エヴァの詐欺チームは新たなターゲットについて会議を開いていました。

どうやら彼らの上には「ドクター」と呼ばれる人物がおり、彼の指示で3人は詐欺行為を行っているようです。

詐欺した金額の70%をドクターが取っており、マディはやや不満そうです。

エヴァの手がかりを見つけられず、自殺にすら失敗してどん底のエズラのもとにFBIを名乗る男性が訪ねて来て、エヴァの居所を聞きます。

エヴァが 1 か月前に全て持って消えたことを知り逆上して悔しがるその男を見て、 FBI ではないことに気付くエズラ。

彼もエズラ同様、マディの詐欺にあった被害者だったのです。

もう一人のターゲット、リチャードは元アメフト選手の車販売員でした。

そこに客として現れたのが当時アリスと名乗っていたマディでした。

NY 育ちのお嬢様を演じていたようです。

妻に逃げられた 2 人の男はエズラの家の庭でしんみりと酒を飲んでいましたが、エズラはマディを顔認証にかけることを思いつきます。

シアトルで新たなターゲットを騙すため始動したマディ。

ターゲットが支店長を務める銀行で支店長助手の職に応募するようです。

有り金とリチャードの腕時計を売り払った金で顔認証を依頼したエズラ達。

男 2 人で奇妙な同居生活を送りながら結果を待っていたところ、ついに見つかったとの知らせが入り第一話は終了です。

お坊ちゃま育ちで頼りないエズラに仲間が出来て良かったのかな?

でもリチャードって筋肉バカっぽいですよね。この 2 人でマディが捜せる気がしません。

しかも捜していることがばれたらブルーム家の秘密も暴露されちゃうのでは??

マディがシアトルのカフェで出会ったパトリックも今後どのようにストーリーに絡むのか、まだちょっと想像がつかなくて楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。