ウォーキング・デッド シーズン9 第4話のあらすじ&感想

ウォーキング・デッド シーズン9 第4話のあらすじ&感想

第四話:「各々の義務」

ミショーンのストレス発散法 キャンプを去るキャロル

ミショーンはジュディスの育児のかたわら、法の作成をしたり住人からの困りごとを解決したり忙しい毎日を送っていました。

平和な日常。

しかし、夜な夜なベッドを抜けだし日本刀を手に森へ行きウォーカーを斬りまくるのでした。

なんですかねこれ。

OLさんがストレス解消にバッティングセンターに行く・・みたいな?

キャンプを見回るリックにユージーンが声を掛け、

川の上流の堤防が決壊し流れが激しくなっていること、それにより修復した橋が崩壊する可能性があることを告げます。

救世主たちが去ったため作業の人数が足りず橋の補強は難しい状況です。

さらにユージーンは「もっと本を読んでいれば工学や啓発で貢献できた」と力不足を詫びます。

しかしリックは

「知識だけの男じゃない。ゼロから作り上げている。お前がいなきゃ不可能だ」

と彼を力づけるのでした。嬉しそうなユージーン。

キャロルは王国へ住民を連れて戻ろうとしていました。

リックに聖域のことを聞かれ

「アルデンを戻らせたわ。私たちを求めてない。未来は彼ら自身で決める。」

と答えるキャロル。

リックは自分が正しいのかわからないが、キャロルが結果に希望を与えてくれると伝えます。

キャロルも成功させたかったと無念の思いを答えるのでした。

テントを出たリックにジェリーがジーザスからの伝言を伝えます。

マギーがアレクサンドリアに向かったとのことでした。

それを聞いたリックは無線でマギーを付き添いなしにアレクサンドリアに入れないよう指示し、何とか彼女と連絡をとろうとします。

それを見ていたダリルがバイクで送ると申し出ます。

リックとダリルの対立 ニーガンと対峙するミショーン

バイクでアレクサンドリアに向かっているはずのリックとダリルですが、

道が違うことにリックが気づき、止めるようダリルに言います。

バイクを降りた2人は対峙します。

ダリルはさきほどリックが無線で指示した内容も伝わっていないと言い「これで正しい方向に行く」と言います。

ニーガンは死ぬのが正しいと言いたいんですね。

2人は揉み合いになり深い穴に落ちてしまいます。

アレクサンドリアのミショーンは住人からニーガンが食事を摂っていないことを聞き、自ら食事を持ってニーガンの元へ行きます。

ニーガンは食事よりミショーンと話をしたいと言います。

食事を摂ることを条件にニーガンと話をすることを承諾したミショーン。

ニーガンは妻のルシールがガンで亡くなったことを話します。

カールのような子供が欲しかったとも。

ミショーンは息子アンドレを失ったことを話します。

するとニーガンはルシールのお陰で自分は強くなれた。ミショーンも自分と同じだと語ります。

君もよかったと思っている」「アンドレの死だ」という言葉に激怒してミショーンはその場を去ります。

ガブリエルまたピンチ!キャンプには救世主が!!

目覚めたガブリエルはゴミ山で縛り付けられていました。

アンはウォーカーをガブリエルに突きつけます。

やめるよう懇願するガブリエルに「もう引き返せない。あなたは入場料よ」と言いながらなおもウォーカーをガブリエルに近づけるアン。

ガブリエルは「助けを求めた君を救えなかった。」命乞いをしながらも「君を許すよ。アン。」と牧師らしく言います。

アンも苦しそうでしたが最後にはガブリエルをウォーカーに食わせることを諦め、彼の口をハンカチで塞ぎ気絶させました。

キャンプにやって来た救世主たち。手にはアルデンから奪った銃を持っています。

ジェッドはキャロルたちに銃を突きつけ、

「犯人はオーシャンサイドだ。」「俺たちへの宣戦布告だ」と武器庫のカギを奪います。

キャロルはジェッドの隙を突いて蹴りを入れます。相変わらず強いな!

そして銃声が響き、闘いが始まりました。

どうしてオーシャンサイドが犯人だとわかったのかな?

穴の中でもニーガンの処遇について揉めていたリックとダリルにも銃声が届きます。

銃の音はウォーカーを引き寄せてしまいます。

ここで争っている場合じゃないと気づいた2人は協力して穴を出ようとしますが、

穴にウォーカーが落ちてきたりして脱出は困難を極めます。

何とか先に脱出したリックはダリルに

「兄弟、手をつかめ」

と手を伸ばします。

兄弟!

そうだよね。2人の間には友情以上の信頼関係があるのよね。

ミショーンは法の作成に身が入らず再びニーガンの元に行き「あんたの意図は?」と聞きます。

ニーガンは

「俺たちは2人とも100かゼロだ」

「閉じ込められ死人にとらわれている その事実に耐えられない」

と話します。

ミショーンは

「あんたは必要なことをすると言いながら快楽を得ていた。私はよくしようとしている」

と反論します。

ニーガンは牢屋を出ようとするミショーンを呼び止め「彼女に会わせてくれ 必要なんだ」と頼みます。

鉄条網グルグルバットことルシールのことですね。

バットは外にと言われたニーガンは壁に頭を打ち付けます。初めて感情が露わになりました。

リックがまさかの串刺し!これでお別れとなるのか?

穴から出たリックとダリルはキャンプへ戻ろうとしますが、

馬を見つけたリックが群れをキャンプから逸らすと言います。

ダリルは橋へ誘導すれば底が抜けて流されると言いますが、

リックは橋は必要だと自分が群れを引き付けると馬にまたがります。

気をつけろと言い合い別れる2人。

ゴミ山のコンテナで目覚めたガブリエル。アンの姿はありません。

そしてジャケットの内側に張り付けられた彼女からの手紙を見つけます。

そこには「早く行くなら一人で 遠くへ行くなら一緒に 私は早く行く」と書かれていました。

手紙を胸にむせび泣くガブリエル。彼はなかなか幸せになれませんね・・・・。

群れを引き連れキャンプから離れようとするリックですが、前後をウォーカーの群れで挟まれてしまいます。

馬が驚き暴れたため落馬したリックは剥き出しになった鉄骨で串刺しになってしまいました・・・・!!!

これは・・・生き残る気がしませんが・・・・。

これでリックとさよならになっちゃうの??

ダリルといいシーンがあったので嫌な予感がしたんですよね~。

リックがいないこのドラマ、どうなるのか見当がつきません。

キャロルと救世主の対立、アンの行方などがどうでも良くなるような衝撃のラストでした。

とりあえず次回の展開が気になります。

ウォーキング・デッド シーズン9 エピソード一覧

ウォーキング・デッド シーズン9 第1話のあらすじ&感想 ウォーキング・デッド シーズン9 第2話のあらすじ&感想 ウォーキング・デッド シーズン9 第3話のあらすじ&感想 ウォーキング・デッド シーズン9 第5話のあらすじ&感想 ウォーキング・デッド シーズン9 第6話のあらすじ&感想 ウォーキング・デッド シーズン9 第7話のあらすじ&感想 ウォーキング・デッド シーズン9 第8話のあらすじ&感想

 

コメントを残す