ウォーキング・デッド シーズン9 第6話のあらすじ&感想

ウォーキング・デッド シーズン9 第6話のあらすじ&感想

第六話:「町の審査会」

数年後の登場人物達

リックが橋から落ちて数年経ちました。

ミショーンはリックが爆破した橋に向かった語りかけます。

キングダムではエゼキエルの隣でキャロルが目覚めます。

って、髪ながっっ!

なんかお婆ちゃんぽくなっちゃいましたね。

ダリルは一人放浪している様子。

一方、森で数人の男女を助けたジュディスはロジータ、アーロン、ローラそしてユージーンと合流します。

ローラは救世主だったけどアレクサンドリアに残ったんですね。

ロジータは彼らを連れて行けないといいますが怪我人がいることから助けたいジュディス。

さすがリックの娘そしてカールの妹ですね!

そこにウォーカーが現れますがユージーンがナイフであっと言う間に倒します。

ユージーン、すっかり変わりましたね!髪も伸びて精悍になりました。

ジュディスが自分も残ると譲らなかったため仕方なく連れて行く判断をしたアーロン。

キングダムではジェリーに王妃と呼ばれたキャロルが嫌な顔。その時爆発音が聞こえます。

慌てて現場に行くと配管に空いた穴をヘンリーが修理しようとしていました。

ヘンリーもすっかり青年ですね!

王国もあちこちガタが来ているようで、ヘンリーは修理の道具と扱える人材が必要と申し出ます。

ヒルトップのアールに習いに行きたいようですが難しい様子。

エゼキエルが「ヒルトップを遠くに感じてしまう。以前のようには・・・」と言っていました。

それぞれの町に溝が出来ているのでしょうか?

生存者たちを受け入れるか?揺れるアレクサンドリア

アレクサンドリアに着いた生存者たちは驚きます。

そこには風車や太陽光発電が整備された町がありました。

未来の書を見て築いたんですね。

そこへミショーンが戻りなぜ彼らを入れたのか問います。

アーロンは自分が決めたといいますがジュディスが「私が決めた」と言います。

「規則は知っているはず」とたしなめるミショーンに、アーロンは怪我人もいるし彼らの処遇は皆で決めるべきと主張します。

ガブリエルが明日の朝一番に投票しようと提案し、彼らは宿泊所へ案内されました。

ミショーン、リックを失ってアンドレアに会った頃の彼女に戻ってしまったみたいです。

ウォーカー2体を連れて歩いてましたっけ・・・。

翌日、生存者たちを仲間にするかの審査が行われます。

メンバーはこうなる以前、何をしていたかを問われ答えます。

ルーク:音楽教師

マグナ:ウェイトレス

バニー:ジャーナリスト

コニー:高校生

バニーは聾唖者で、コニーとは姉弟のようです。

投票に入ろうとした時、ミショーンがマグナの元に行き「左手を見せて」と言います。

そこには刑務所のタトゥーが。彼女が服役していたことが判りました。

「説明する」と言うマグナに「隠し事は?」と問うミショーン。

マグナはないと答えますが、ミショーンは「ナイフを出して」と言います。

マグナが隠し持っていたナイフをテーブルに置くと「採決して。結果に従う」と言い残しミショーンはその場を去りました。

ガブリエルとロジータは無線機のことで相談していました。

無線機を使って、ほかの生存者と交信したいガブリエル。

そのためには中継器の設置が必要なようです。

その役目をロジータが買って出ました。

 

そしてロジータとガブリエルはキス!

 

これはまた意外なカップルですね。

意外な交流 キャロルはやっぱり最強だった!

キャロルとヘンリーは馬車でヒルトップを目指します。

すると「助けて!!」と女性の声。

ヘンリーはキャロルが止めるのも聞かず馬車を飛び下りて行ってしまいました。

しかしそれは救世主たちの罠。

うす汚れて荒んだ様子のジェッドらに積み荷とキャロルの指輪を奪われてしまいます。

聖域は崩壊したんですね。

ジュディスはニーガンの独房の外で宿題をします。

飛行機の速度の問題を解こうとするジュディスに

「そんな問題は実生活に生かせない」

「ここで起きている問題について教えてくれ」

と語りかけるニーガン。

ジュディスは「新しい人を見つけた。ママは追い出すって」と言い、

ニーガンは「知らなかったが想像は出来る」と言い、自分が子供のころの話をします。

少年ニーガンは数匹の犬を拾って来たがそのうち1匹がほかの犬を噛み殺してしまったという話でした。

自分は学んだというニーガンにジュディスは

「なのにこうなった。教えて欲しいのは数学だけ」

そして「あなたがいい人か悪い人か」と呟きその場を去ります。

思わぬ交流がありましたね。

夜、救世主たちの言いなりになったことをヘンリーに責められるキャロル。

「いつかわかるわ。」と静かに答えます。

夜も更けたころ、ジェッドは液体をかけられ目覚めます。

そこにはマッチを持ったキャロルの姿。

救世主たちに火を放ち、その場を後にします。相変わらず肝の据わった人ですね。

マグナの主張 母になったミショーン

セディクの治療を受けていたユミコは明日には回復するとの診断。

マグナはルークたちにナイフを隠し持っていたことを責められます。

アレクサンドリアに居たいマグナは「戦おう」と仲間に呼びかけますが、多数決により反対となりました。

マグナはミショーンの元へ向かいます。

そしてRJと呼ばれる子供とミショーンが話しているのを聞きます。

当初は物騒な感じでやって来たマグナですが、その声を聞き普通にノックします。

そして扉を開けたミショーンに隠していたナイフを渡しました。

ミショーンに駆け寄った子供はクリクリ頭の男の子。

黒人と白人のハーフに見えます。

RJ・・・・・

 

 

そうか!リック・ジュニアか!!

 

ミショーンはリックとの子供を身籠っていたんですね。

ローリはジュデイスの成長を見られず、リックはRJの成長を見られず・・・。

改めて残酷な世界ですね・・・。

ウォーカーに遭遇するユージーンとロジータ。ウォーカーが喋る!?

ユージーンとロジータは増幅器を取り付けるため給水塔に向かいます。

給水塔に登り、作業していたユージーンはウォーカーの群れを見つけロジータに警告します。

群れが近づいて来たため、慌ててハシゴを降りるユージーンですが、足を踏み外し落ちてしまいます。

給水塔、めっちゃ高いのに命綱もなくて怖い!

左足を痛めたユージーンとロジータは必至で逃げますが、追いつかれそうになります。

ユージーンは最後に自分の思いを伝えようと「私の精巣から君に伝えたい」と言いますがロジータに無理やり連れて行かれます。

このセリフ、ユージーンって感じですね(笑)

川を見つけた2人は泥を身体に塗り、身を潜めます。

そして頭上を通り過ぎるウォーカーが

あいつら・・どこに行った・・・絶対に逃がすな・・」と喋るのを聞き驚愕するのでした。

 

うそ!ついに喋るウォーカー登場!!??

 

意識を持つウォーカー?それともウォーカーの皮を被った人間?

 

やっぱりウォーキングデッドは面白いですね~!1時間が短く感じます。

次回はジュディスの説得によりマグナ達をヒルトップに連れて行くことにしたミショーン、

途中でダリルを拾ったキャロルたちがヒルトップで集結することになります。

ヒルトップの様子がまだ出て来ていないので楽しみです!

ウォーキング・デッド シーズン9 エピソード一覧

ウォーキング・デッド シーズン9 第1話のあらすじ&感想ウォーキング・デッド シーズン9 第2話のあらすじ&感想ウォーキング・デッド シーズン9 第3話のあらすじ&感想ウォーキング・デッド シーズン9 第4話のあらすじ&感想ウォーキング・デッド シーズン9 第5話のあらすじ&感想ウォーキング・デッド シーズン9 第7話のあらすじ&感想ウォーキング・デッド シーズン9 第8話のあらすじ&感想

 

コメントを残す