スクリーム・クイーンズ シーズン1第1話のあらすじと感想

スクリーム・クイーンズ シーズン1第1話のあらすじ

第一話:「キャンパスの女王」

ウオレス大学にある女性社交クラブはカッパ・カッパ・タウという名前で、

お金持ちで美人な女子学生だけが入会を許されるのです。

ここに現在君臨しているのがシャネルという名前の美人で金持ちの両親を持つ女子大生。

新学期をむかえ、ここKKTでも入会式があるのですが、

最近のKKTでは殺人事件が頻発していて・・・。

スクリーム・クイーンズ シーズン1第1話の感想

アメリカらしい、大学生の生活の中にホラーやコメディやサスペンスやと、

盛りだくさんに詰め込んだドラマですね~。

何と言ってもお洒落だわ!!目の保養がわんさか・・・。

主演のエマ・ロバーツはハリウッド女優として有名なジュリア・ロバーツの姪っこさんだそうで、

やはり美人ですね。彫刻のようなお顔・・・。

さて、この歴史ある女性社交クラブでは、

1995年のパーティーのある晩にバスルームで出産してしまった女子学生がいました。

彼女はパーティーを優先する会員達に放置され、死んでしまったという過去があるのですね。

・・・絶対出てくるよな、この赤ちゃん。

というオープニングです。

そして現代、2015年になりました。

現在KKTの女王として君臨するのはその名もシャネル。

彼女は同じく金持ちで美人な取り巻き達をそれぞれ番号で呼びつつ権力を振りかざしまくっています。

彼女は人を苛めることで自分の人気や自信を保てないと思っており、

容赦なく人をこきつかいまくります。

だけどその弱さを新入生のグレースにコーヒーショップで愚痴っちゃうところなんか、

今までにあったアメリカの学生ものドラマの女王キャラでは珍しいですよ・・・。

懐かしいところで「ヘザース」なんかも人気の女子軍団に苛められる女子生徒の話ですが、

もっと半端ない自信満々キャラばかりだったはず。

自分は永遠に若くて美人で、天下は当然自分のもの、

と心底思ってるような学生ばかりでしたが。

シャネルは自分の人気がかげりだしたことで、

彼氏のチャド(びっくりするほどチャライ、男性社交クラブの王)にも振られそうになり、

焦っているのです。

そんなKKTでは春先に前会長のメラニーが、

日焼けマシーンに酸が混ぜられていたことで死亡するという事件が起きていました。

学生部長のマンチという女性はフェミニストで、

KKTやシャネルの暴走を快く思っていないので、

前会長のメラニーの殺人もシャネルが行ったことではないか、と問い詰めるのですね。

のらりくらりとかわすシャネル。

しかし学生部長はやっぱり強いのですよ。

今期からの女性社交クラブの認可を取り下げる

と宣告します。

パニックを起こして激怒するシャネルでしたが、

そこへKKT代表のOGで弁護士があらわれ、認可取り消しはなくなりました。

が、代わりに学生部長と取引することになったのですね。

その内容は、

今年の新入生の希望者は全て見習いとすること

でした。

本来なら審査があって入会できる社交クラブが、全員に開放となったわけです。

・・・それって大丈夫なんでしょうかね。

だって社交クラブって言ってみれば寮生活でしょ?

部屋数にも限りがあるんじゃないのかなあ~・・・。

まあ入会希望者は多くなかったですが。

グレースは今年の新入生で、

幼い頃に母親をなくし、心配性の父と二人暮らしをしていました。

大学に入って寮に入るのですが、

彼女は自分の母親がKKT出身だったことを知っていて、

母親を身近に感じるために入会を希望しているのですね。

心配し、社交クラブはいびりもあるからやめたほうがいい、

という父親も説得してしまいます。

しっかりした美人さんで、意思は強く持っているようです。

だけど希望に胸を膨らませて訪れたKKTで、

早々にしてシャネル軍団のいびりやしごきを見てしまったので、

相当がっかりしたようですね。

極めつけは、メイドのおばさん、ミズ・ビーンをシャネルが煮えたぎる油の中に突っ込んで、

殺してしまったことです。

シャネルは他言しないことを全員へつげ、

警察に電話するというグレースを脅すのです。

警察に電話するなら、あんたが犯人だって言うわ。ここにいる皆はそれを証言するわよ

って。

恐怖というより物につられて従う皆に、

グレースと彼女のルームメイトの黒人女性セイディは呆気に取られます。

だけど仕方ないので遺体を隠すのに手を貸しました。

グレースはこんなのあってはならない、

と思えるくらいには常識的な子だったので、

カフェで知り合った大学の新聞部部長のトミーという男の子に相談します。

トミーは実はKKTの敷地内に潜んでおり、

死体らしきものを冷凍庫に運ぶ彼女達の姿を見ていたのです。

 

・・・じゃあオメーが警察に電話しろよっ!

 

と思いましたが、

それではドラマはすすみませんよね・・・。

ええ、わかってるんですが。

トミーはグレースに出会ったときに

全ての社交クラブは邪悪だが、KKTは最悪だ。君には入会しないで欲しい!

と告げていた人なので、

グレースの招きに応じて相談に乗ってくれます。

グレースは亡くなった母親のためにもKKTを素晴らしい場所へ変えたかったのですね。

それを邪魔しているのは、シャネル軍団だ、と思っているので、

私があそこを変える、その為にはあなたの協力が必要よ、と話すのです。

私があなたの目になるから、内部で起こっていることを新聞で摘発して

と。

勇気あるよね~!

バレたら処刑じゃないんですかね、マジで・・・。

意気投合した二人はともかく証拠がいると、死体を見にいきます。

そこへ現れたのはシャネルと彼氏のチャド。

グレースとピートが隠れてみていると、

シャネルとチャドは冷凍庫を開けました。

ところが死体がなくなっている!!

チャドは「冗談かよ」で終わらせますが、

シャネルにとっては大変です。

自分が殺してしまったメイドのミズ・ビーンがもしかしたら生きている?

それとも誰かが裏切った?

と疑心暗鬼になってしまうのですね。

取り巻き達との絆を深めようと黒魔術的なことまでするところが

金持ちで苦労知らずなバカ大学生という感じですが、

ここでシャネルの2番と呼ばれている女子生徒が「もう嫌よ」と抜け出すことを宣言します。

このシャネルの2番が歌手のアリアナ・グランデなんですが、

さすが自分も歌姫だけあって素敵な着こなしです~・・・。

ちょっとやせ過ぎかと心配してしまうのは、

私がおばちゃんだからだろうか・・・。

自分の部屋で実家に戻るための荷造りをするシャネル2番。

そこに、ドアがノックされます。

携帯にもメールがきて、

「ドアを開けて」と知らない番号からくるんですね。

2番は恐る恐るドアを開けます。

まあいっても自分が生活する寮での中なのですから、

そら開けるよね・・・。

基本的には男子禁制で女子しかいないはずだし。

かかっているBGM的にはここは開けちゃいかんところなのだけど。

ドアを開けると赤い悪魔のコスチュームに全身をまとった、

実に判りやすい怪しいやつがいました!

この赤い悪魔、そういえば前会長が殺されたときにも殺害現場に立っていましたし、

グレースがKKTの館の前に来たときにも木立にたってみていた不審者です。

判りやすい殺人犯です!!

さすがにびびって後ずさるシャネル2番ですが、

赤い悪魔は携帯を取り出して2番にメールを送ってきます。

 

・・・いやいや、問答無用で襲うんじゃないの~?

 

呆気に取られながらもメールを返し、

ちょっとばかり安心したのか媚を売る2番。

ですが「悪魔とダンスしたいか?」というメールの次は、

お前を今から殺す」でした。

え!?

と2番が思ったのもつかの間、

赤い悪魔は急にナイフを取り出し、首筋をぐさっと突き刺すのです!

叫びながら倒れた2番ですが、

一発では死ななかったようで悪魔を蹴り飛ばして起き上がり、

メールで「やめてやめてやめて~!!!」と連打します。

 

いや、メールじゃなくて口で言いなさいよ・・・。

 

そして、いいから今絶叫したまへ。

誰かを呼べよ、今すぐ!

見ているこっちはそう思うのですが、

彼女は床をはっていって・・・逃げるのかと思ったら、

机の上のノートパソコンを掴んで、何とツイートしていました。

赤い悪魔に殺される!助けて~!」って。

ツイートするんじゃなくてさ、

お嬢さん・・・・叫べってば、だから。

もしくは犯人のマスクをはがして顔をみるとか!

結局起き上がってきた赤い悪魔に再度さされ、

シャネル2番は亡くなってしまったのです。

取り巻きの悲鳴でこれを知ったシャネルは、

まだ警察へ知らせることを拒否します。

じゃあこの死体どうするの?と思いますが、

シャネルはこれを利用しようと言い出します。

取り巻きは「でも友達だし」と言っている人もいました。

・・・なんか、嬉しい。

一応普通の神経もってる人もいるんだ、って一瞬思えた・・・。

だけどここで館のチャイムがなり、

新入生達がしごかれに来たことが判ると皆あっさりと友達の死体を忘れ去ります。

何でや~っ!!!

目の前でどうみても殺人の被害にあった死体があるのに、

どうしてそう平然としてお客を迎えられるのだー!!

ああ、突っ込みたい。

コメディ要素が強すぎて、ホラーが苦手の私でも全く怖さを感じません!

グレースもセイディと一緒に来ていましたが、

最初からシャネルに喧嘩を売ります。

あなたのやり方は間違っている、とグレースが言うと、

セイディも横から「訴えるよ」といいます。

シャネルはグレースを取り巻きにいれるためにコーヒーに誘いますが、

すげなく断られる上に「あなたって惨めよね」と言われてしまう始末。

コーヒーショップに残されたシャネルは怒りと屈辱に震えるのでした。

KKTに残されたセイディと他の新入生達は、

伝統のしごきとして顔だけ出した状態で庭に埋められてしまいます。

まじかよ~人権侵害も甚だしいんですが・・・。

これをおかしいと思わない新入生も凄いよね!

いいから大学に訴えでなさいよ~!

自分の親でもいいよ~!

館が寝しずまった後、

機械を動かす音で目覚めた埋められている新入生達。

芝に埋められている彼女達の眼にうつったのは、芝刈り機にのる赤い悪魔でした!

絶叫の嵐!!全員絶叫してます!

 

題名の通りにスクリームクイーンズです!!

 

・・・まあそりゃあそうでしょうね。

身動きが取れない状態で、芝刈り機が自分のほうへ向かってくるんですよ。

そして新入生の一人は頭を刈り飛ばされて死んでしまったのです!!

ホラーとしては怖くない・・・

だけど、結構グロいシーンは満載ですね、このドラマ。

ここで1話目が終わってしまいました~。

2番の死体は結局どうしたのか、

他の新入生達は無事なのか、シャネルはこれをどうするのか、気になります~。

よし、次だ次。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です