【ダイナスティ】「ファロン・キャリントン」のキャラ紹介

富豪一族の人間模様を描いた「ダイナスティ」。

ツワモノだらけのキャラクター達が、毎回熾烈なバトルを繰り広げます。

1980年代に人気を博したドラマの復刻版が、Netflixで楽しめますよ。

今回は主人公「ファロン・キャリントン」のキャラ紹介、

ファロンを演じる「エリザベス・ギリース」の画像ギャラリー、おススメエピソードについてご紹介します。

※アイキャッチ画像引用元:https://editorial.rottentomatoes.com/

ファロンは、野心家でずる賢く、人間不信のビジネスウーマン

画像引用元:https://dynastytv.fandom.com/wiki/Dynasty_Wiki

ファロン・キャリントンは、ものすごい野心家です。

仕事のできるキャリアウーマンですが、程ほどのキャリアでは満足することができないんです。

自分の家族が経営する「キャリントン・アトランティック社」というエネルギー会社のCOOになるのが目標なんです。

財を成した一族の娘さんならではの目標です。

そしてもちろんずる賢いんです。

新しい情報をビジネスマンから入手するために、キャビンアテンダントになりすましてたりします。

相手は女性だと油断して、聞けばなんでも教えてくれるんです。

ファロンはめっちゃ綺麗なので、ほとんどの男性は手のひらで転がせます。

そんな美人で無敵なファロンの弱みは、人間不信であるというところ。

共同経営者のジェフと協力してビジネスに取り組むことができないんです。

エピソード紹介で詳しくご紹介します。

ファロンを演じるのは、エリザベス・ギリース

ファロン・キャリントンを演じるのは、25歳の若手女優、エリザベス・ギリースです。

Embed from Getty Images

ギリースという名前の由来には、狩猟化や釣り師と言った意味合いもあるようですが、

なかなか強そうな顔つきしてますね!

これまでにThe Black Donnellys、Sex&Drugs&Rock&Rollといったドラマに出演してきました。

またブロードウェーデビューを果たしているほどの、有名な歌手でもあります。

これまでの出演ドラマや音楽活動とは異色の作品である「ダイナスティ」に出演することは、

彼女にとって大きなチャレンジであったに違いありませんね。

 

前作、Sex&Drugs&Rock&Rollの音楽シーンがエリザベスのインスタグラムにアップされていました。

このシーンを見ただけで、このドラマがどんなドラマかすっごく気になっちゃいました。

エリザベスの歌声も想像通り力強いです。

 

View this post on Instagram

Call me Wizard.

A post shared by Elizabeth Gillies (@lizgillz) on

ダイナスティの仮装衣装で、魔法使いになっています。

まだエピソードが追いついていないのですが、ファロンのファッションは毎回気になるので、チェックするのが楽しみです。

ファロン、危うし!シーズン1エピソード6「娼婦と同じ」

ファロンの今後がすごく楽しみになったエピソード、「娼婦と同じ」を紹介します。

前回、天敵クリステルのセックステープをネット上に流失させたファロン。

クリステルは落ち込むそぶりを見せず、顧客をファロンを心配する余裕ぶり。

やっぱり年の功では、まだクリステルが上ですね。

早くファロンがクリステルに追いついていくところがみたいです。

ジェフはファロンと会社のために、ファロンをビジネスマガジンの「今年の顔」に推薦していました。

毎年その年に活躍した女性が、雑誌の表紙を飾ることになっていて、

ファロンが選ばれれば会社の宣伝にもなりますしね。

有頂天のファロンは、「今年の顔」に、クリステルもノミネートされていることを知ります。

一気に戦いモードになるファロン。結局戦っちゃうんですね。

しかし今回はファロンのほうが、優位です。

クリステルは、テープのおかげで評判がガタ落ちですから。

雑誌の撮影に居合わせたふたり。嫌味の言い合いでバチバチに。

不利な立場にいるクリステルは、編集長に今回はノミネートされた全員が雑誌表紙になるように言い寄ります。

それを知ったファロンは、編集長に会いに行きます。

そして表紙は「今年の顔」に選ばれた人にするべきだと言い寄ります。

編集長はどうかしらとあしらいますが、ファロンはこう切り出します。

「雑誌の経営者とは知り合いなの。来年もあなたが編集長の座にいるといいけれど」

 

はい、脅しです。フォロン、こわいわ~。

 

そんなこんなで、フォロンは今年の顔に選ばれ、雑誌の表紙も飾ることができました。

しかし発表パーティーでのスピーチがまずかったです。

 

「私は親の名前を頼らず、ひとりで会社を立ち上げました。」

って言っちゃったんです。

 

「ん?おれは?」という顔をするジェフ!!

ファロンが選ばれてメッチャ喜んでた人にこんな思いさせちゃいけませんね。

 

協力して仕事をしていきたいジェフは、ファロンに共同経営を続けていけるか考え直すと切り出します。

 

なんで?」と戸惑うファロン。

 

家に帰り、クリステルのセックステープを拡散させたことを父に打ち明け、家を出て行けと言われ、戸惑うファロン。

元恋人の運転手マイケルの家を訪ねて謝っても、もう遅いといわれ追い出され、戸惑うファロン。

全部自分でまいた種なので仕方ないですね。でもちょっとかわいそうだな。

今年の顔になれたのに、周りに誰も助けてくれる人がいなくなってしまいました。

これからどんなふうにファロンが変わっていくのか、いかないのか、とても気になるエピソードでした。

 

ダイナスティ関連記事

【ダイナスティ】「クリステル・フローレス」のキャラ紹介 【ダイナスティ】「スティーブン・キャリントン」のキャラ紹介 【NETFLIX】待望のシーズン2がスタート!ダイナスティが人気の理由とは?

 

コメントを残す