海外ドラマ「SUITS/スーツ」とガブリエル・マクトの魅力を徹底紹介!

現在、日本でもフジテレビの月9で放送中のドラマ、「SUITS/スーツ」。

織田裕二さんと中島裕翔さんのコンビが絶妙な、法律事務所を舞台とするドラマです。

織田裕二さんと鈴木保奈美さんが27年ぶりに月9で共演することでも話題になりましたね。

フジテレビの「SUITS/スーツ」は皆さまご存知、海外ドラマ「SUITS/スーツ」のリメイクです。

2018年4月から、韓国版の「SUITS/スーツ」もチャン・ドンゴン主演で放送されました。

本家本元のアメリカ版「SUITS/スーツ」は、今もシーズン8まで継続中の大人気ドラマです。

2011年放送開始以来、7年も続ています。

なぜ「SUITS/スーツ」はこれほどまでにロングランで人気が持続しているのか?

日本や韓国でもリメイク版が放送されるほど、おもしろいのか?

オリジナルのアメリカ版「SUITS/スーツ」の魅力についてまとめました!

キャプチャ画像引用元:http://iris.theaureview.com/suits-will-be-back-for-a-seventh-season-at-usa-network/

海外ドラマ「SUITS/スーツ」の魅力

画像引用元:http://expertlegalreview.com/review-suits/

アメリカ版のオリジナル「SUITS/スーツ」は、2011年6月から放送が始まりました。

出演俳優だけでなく、ドラマ自体も数々の賞を受賞しています。

まず、「SUITS/スーツ」の魅力は、その軽快さにあると言えるでしょう。スピード感があるのです。

メインキャストのハーヴィーマイクはバツグンに頭が切れるのですが、そのスマートさがドラマのスピード感に見事にマッチしています。

画像引用元:https://www.hockerty.com/en-us/blog/how-to-dress-like-mike-ross

マンハッタンの高層ビル群を背景に、スタイリッシュでウィットに富んだ2人の掛け合いもオシャレ。

主人公「ハーヴィー・スペクター」はやり手の弁護士ですが、ちょっとニヤけた感じで女性にモテます。

プレイボーイながら、女性に関してはトラウマとも言えるつらい過去を背負っています。

ハーヴィーの相棒「マイク・ロス」は天才的記憶力の持ち主ですが、最初は駆け出しの小僧感のある役柄です。

でも、マイクはシーズンを重ねるごとに成長していく姿も見せてくれます。

脇を固めるキャストも個性的で魅力あふれる人物ばかりです。

注目を集めたのは、今年2018年5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したメーガン・マークル演じるレイチェルでしょうか。

画像引用元:https://www.usanetwork.com/suits/blog/5-reasons-why-rachel-zane-will-make-a-kick-ass-lawyer

マイクと惹かれあう、パラリーガル役で出ています。

他にも弁護士事務所の代表であるジェシカ。

画像引用元:https://www.usanetwork.com/suits/blog/jessica-pearson-gina-torres-suits-spinoff-pilot

ハーヴィーとはツーカーの仲の秘書ドナ。

画像引用元:https://www.nydailynews.com/entertainment/tv/vue-article-1.3436639

そして、このドラマになくてはならないルイス。

画像引用元:http://www.tv.com/news/suits-litt-the-hell-up-review-conflict-of-interest-140613499840/

ハーヴィーの同僚なのですが、美男美女群の中で、唯一ハズレてる感じがたまりません。

では、この「SUITS/スーツ」で、主人公ハーヴィーを演じるイケメン俳優ガブリエル・マクトとは?

プライベートのデータも含めて、ガブリエル・マクトをご紹介しましょう!

主役俳優ガブリエル・マクトの魅力

ニューヨークの俺様な弁護士「ハーヴィー・スペクター」を演じるのは、

俳優「ガブリエル・マクト」。

画像引用元:https://www.tvguide.com/news/suits-spring-premiere-date/

ハーヴィー役にピッタリとも言えるクール&ゴージャスなハンサムガイです。

高価なトム・フォードのスーツをピシッと着こなしています。

ガブリエルの父親は知る人ぞ知る、俳優のスティーヴン・マクト。

画像引用元:https://www.imdb.com/name/nm0532685/mediaviewer/rm3905682688

「SUITS/スーツ」にもハーバード大学のジェラード教授として5回ほど出演し、ガブリエルと親子共演を果たしました。

ガブリエルの芸歴は長く、8歳のとき映画「Why Would I Lie?(1980年)」に子役として出演。

そのときの演技が認められ、「ベスト・ヤング・モーション・ピクチャー・アクター」賞にノミネートされています。

その後、ガブリエルは普通の少年時代を送るべく、俳優業からはしばらく遠ざかっていました。

でも、ガブリエルの俳優への熱は冷めやらず。

両親と共に住んでいたロサンゼルスで、ビバリーヒルズ高校の演劇部に所属します。

同じ演劇部にはクリントン元大統領との不倫スキャンダルで世間を騒がせたモニカ・ルインスキーもいて、

ミュージカル「ザ・ミュージック・マン」で共演しているのですよ。

1990年、ガブリエルはビバリーヒルズ高校を卒業。

そして、1991年にはまさにその卒業高校を舞台にしたドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」のシーズン2に、

タル・ウィーヴァー役でゲスト出演し、俳優業に返り咲きます。

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ik5xeC-FufE

その後、ガブリエルはカーネギー・メロン大学の演劇スクールに入学。

本格的に演技を学びました。

大学卒業後も数々の映画やテレビドラマに出演しています。

有名なところでは、1998年、大人気のテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のシーズン1のエピソード2にゲスト出演。

観ていた人は記憶に残っているのではないかと思いますが、

ガブリエルはあの変態チックなモデル好きアーティスト、バークリー役で登場しています。

また、2004年に出演した映画「ママの遺したラヴソング」ではジョン・トラボルタと共演。

画像引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/

ガブリエルはその後もトラボルタを俳優の師として仰ぐほど、演技だけでなく撮影現場でどうふるまうかなど、影響を受けたと語っています。

ガブリエルの俳優としての幅は広く、アクションからコメディ、ミュージカルまで、作品によって全く異なる顔を見せてくれています。

そして、2011年。ガブリエルは大出世作、「SUITS/スーツ」の主役に抜擢されました。

ガブリエル・マクトのプライベート

画像引用元:http://discovery.cathaypacific.com/interview-gabriel-macht-sarah-rafferty-suits/

では、俳優ガブリエル・マクトはプライベートではどのような人物なのでしょうか?

実は、ガブリエルは「SUITS/スーツ」の役柄とは正反対とも言える人柄です。

勝ち続ける敏腕弁護士のイメージからして肉食系かと思いきや、意外や意外、

ガブリエルは私生活では肉類を一切食べないビーガンです。

2004年にオーストラリア出身の女優ジャシンダ・バレットと結婚。

2007年に娘サティーン、2014年には息子ルカが生まれています。

ガブリエルのインスタグラムには、奥様とのラブラブな2ショットだけでなく、子供たちとの写真もたくさんアップされています。

ガブリエルのインスタグラムには、フジテレビが「SUITS/スーツ」のリメイクドラマの発表をしたとき、

織田裕二さんと中島裕翔さんの2ショット画像もリポストされていますよ。

ところで、ガブリエルの奥様のジャシンダ・バレットは、

「SUITS/スーツ」のシーズン2にハーヴィーの元同僚のゾーイ役としてゲスト出演しています。

画像引用元:https://www.reddit.com/r/suits/comments/xbru3/gabriel_macht_and_wife_jacinda_barrett_as_harvey/

娘のサティーンも5歳のとき、同じく「SUITS/スーツ」のシーズン2に、

ジャシンダ演じるゾーイの姪っ子オリヴィアとして登場しています。

ガブリエルは家族を大切にするだけでなく、「SUITS/スーツ」の共演者たちとも仲が良いので有名です。

たとえば、ハーヴィーの秘書役ドナを演じるサラ・ラファティとは20年来の付き合い。

画像引用元:https://sarahraffertysource.com/sarah-rafferty-and-gabriel-macht-talk-new-season-royal-wedding-and-more/

ドラマの中でも息の合った掛け合いを見せてくれる2人ですが、

「SUITS/スーツ」をトロントで撮影していたときには共同生活も送っています。

もちろん相棒のマイク・ロスを演じるパトリック・J・アダムスとも仲良しで、

トロントでの撮影中にはパトリックの実家に泊めてもらったこともあったとか。

レイチェル役だったメーガン・マークルとヘンリー王子とのロイヤル・ウエディングには、

ガブリエルと奥様、そして「SUITS/スーツ」の共演者ファミリーも出席しました。

画像引用元:https://www.esquire.com/entertainment/tv/a20682164/suits-cast-royal-wedding-guests/

実は、ガブリエルはプライベートでスーツを着るのは、結婚式かお葬式のときだけだそうです。

では、人間味あふれる俳優ガブリエル・マクトのパーソナル・データをまとめてみましょう!

生年月日
1972年1月22日(みずがめ座)
出身地 アメリカ・ニューヨーク州ブロンクス
俳優活動期間
1980年~現在
配偶者
ジャシンダ・バレット(2004年結婚)
子供
2人(一男一女)
身長
183cm
両親
スティーヴン・マクト(俳優)
スザンヌ・ヴィクトリア・プリアー(博物館学芸員)
兄弟姉妹
ジェシー・マクト(ミュージシャン)
アリ・サービン・マクト
ジュリー・マクト(弁護士)
インスタグラム
https://www.instagram.com/iamgabrielmacht/

「SUITS/スーツ」シーズン8で強力な新キャラ登場!

画像引用元:https://www.justwatch.com/ru/%D1%81%D0%B5%D1%80%D0%B8%D0%B0%D0%BB/suits

さて、ここから先はシーズン7をまだ観ていない人には「ネタバレ注意」となります。

マイク役のパトリック・J・アダムスとレイチェル役のメーガン・マークルは、シーズン7の最終話をもって、

ドラマ「SUITS/スーツ」を降板しました。

先に降板を発表したメーガンは、英国王室に嫁ぐためでした。

パトリックは降板の理由として、家族との時間を優先したい気持ちがあったと語っています。

彼は2016年12月、女優のトローヤン・ベリサリオと結婚しています。

新妻から離れて撮影を続けることに後ろめたさを感じていたそうです。

「シーズン6の半ば(2016~2017年放送)、マイクが刑務所から出てきた頃から、降板を考え始めたよ」と述べています。

また、パトリックことマイクはシーズン7で晴れて本物の弁護士となります。

それまでドラマは、マイクが紆余曲折ありながらも成長していく過程を描いてきました。

マイクが弁護士となって活躍する展開には、演じるパトリックは疑問を感じたようです。

「テレビドラマにまた弁護士が加わるだけ」と思えたようです。

シーズン7の最終話で、マイクはずっと好きだったレイチェルと結婚します。

二人でシアトルの事務所に移ることとなり、ストーリー的にはハッピーな形で卒業しました。

7年間ずっと共演してきたガブリエル・マクトにとっては、寂しいお別れだったようです。

パトリックはつい先日の2018年10月8日、妻で女優のトローヤン・ベリサリオとの間に第1子の娘が誕生しました。

パトリックのインスタグラムには赤ちゃんの写真と共に、

「世界は8ポンド重くなった」として、暖かく見守ってくれた人たちへのお礼の言葉や、娘の誕生を喜ぶ親としての気持ちがつづられています。

パトリックはしばらくイクメンとして、家族との時間をエンジョイするのでしょう。

でも、「SUITS/スーツ」の中でマイクは死んだわけではないので、

もしかしたら今後マイクの復帰とか、ゲスト出演とか、ある・・・かも?!

どうなんでしょうね??

パトリックの降板を惜しむ「マイクロス」なファンの声もたくさんありますが、

シーズン8では新メンバーとして、「グレイズ・アナトミー」で活躍していたキャサリン・ハイグルが登場!

パワフルな敏腕弁護士、サマンサ・ウィーラー役として加わりました。

しかも、マイクやレイチェルのいない「SUITS/スーツ」なんて、もう観ないというファンが多いのかと思いきや!

なんとシーズン8ではシーズン7の最終話を上回る視聴率となりました。

これからどのような展開が見られるのか、「SUITS/スーツ」からまだまだ目が離せませんね!

シーズン8の日本での放送は2019年からになります!

コメントを残す