「ブルックリン・ナイン-ナイン」 ローザ役のステファニー・ベアトリスを紹介!

クセのある刑事たちがそろったブルックリン99分署で起きる事件やおふざけが盛りだくさんのコメディードラマ、ブルックリン・ナインナイン。

キャラクターたちがみんな面白くて、一度見たら絶対にハマってしまう海外ドラマです。

ホームカメラで撮っているようなカメラワークが、カジュアルな雰囲気を演出していて、とても楽しいです。

今回は超クールで強面美人刑事ローザ・ディアスと、シーズン1-10「サンクス・ギビング」の感想について紹介します。

ローザ・ディアスを演じるのは、ステファニー・ベアトリス

このドラマに登場するキャラクター達は、

みんな人間的に魅力があり過ぎるので、お気に入りの順位をなかなかつけられないです。

けれどローザは、間違いなく好きなキャラクター2位か3位に入ります!

スタイル抜群で、血が良く似合う女性刑事ローザを演じるのは、

ステファニー・ベアトリスというアメリカの女優さんです。

Embed from Getty Images

ステファニーのツイッターをチェックしたら、

自己紹介欄に「I’m the sweetest stone cold bitch」と書かれていて、

ローザをあまりに率直に表現してるなぁ~とひとりでニヤニヤしちゃいました。

恐らくローザのことで、ステファニーのことではないと思うんですけれどもね。

アイコン写真がかわいくて、ますますステファニーが好きになりました。

ローザは義理堅いけれど、人と距離を置く刑事

ローザは人一倍人情がある刑事です。

クールな外見からは、まったく想像もつきませんが、

仲間がつらい思いをしているときは、誰より思いやりのある接し方をしているんです。

見た目がすごく怖いのに、すごく優しいキャラクターって、

おそらくみなさん、好きになってしまうのではないでしょうか。

しかし生き方や考え方はワイルドそのもので、そこがまたかっこいいんです!

いやなことがあったときは、それに関わるものを全部燃やします。

大抵のことは暴力で解決しようとします。

仲間たちに非暴力の解決法を教えてもらっているのが、面白いです。

未練がましいのは嫌いで、ずっと同じ場所にいないで、つらくても次の行動を起こします。

ものすごく優しいのですが、ものすごくロックな性格なので、

人とある程度距離感がないと、ストレスがたまるローザ。

一匹オオカミといった感じの一番クールなキャラクターです。

シーズン1-10「サンクス・ギビング」の感想

お気に入りのエピソード、シーズン1-10「サンクス・ギビング」の感想を紹介します。

感謝祭ということで、エイミーが気合を入れて、ホームパーティーに署のみんなを招待します。

ほとんど強制的に参加させられますが、ペラルタは感謝祭にいい思い出がないので、

パーティーに出たくなくて、たまらない様子です。

エイミーの感謝祭パーティーに出ないで済むように、余計な仕事を増やすペラルタ。

子供の時に感謝祭を寂しく過ごしたことがトラウマになっていて、毎年感傷的な気分になってしまいます。

ペラルタはいつもふざけていますが、幼いころに両親が離婚して、

お父さんに捨てられたという過去があるんですよね。

お母さんもシングルマザーだったので、仕事をしなくちゃならないので、ペラルタ少年は寂しい思いをしたんでしょうね。

感謝祭やクリスマスも寂しかったようで、イベントごとは嫌いなのですが、

気持ちを入れ替えてエイミーの家を訪ねたペラルタ刑事。

エイミーはホルト署長がパーティーに来てくれることが嬉しくてたまらないようです。

しかし署長は家についてすぐ、緊急の仕事の連絡が入って、ペラルタと一緒に出て行ってしまいます。

落ち込むエイミーと、まずい料理をトイレにどんどん流し込む99分署の仲間たち。

みんな空腹で、イライラしています。

とくに筋肉質の巨漢、テリーは空腹になると狂暴になるので、怒鳴り散らしたりして大変です。

一方ホルト署長とペラルタは無事に事件を解決しました。

99分署に帰ったところで、エイミーたちと合流しました。

エイミーの料理があまりにまずかったので、バーに行ったものの、

エイミーがやらかして追い出されちゃったんですよね。それでみんな署に戻ってきたのでした。

テリーはもう、爆発寸前です。

私も空腹の時間が続くと気分が悪くなる低血糖症持ちなのでで、テリーの気持ちがめっちゃわかります。

グルメなボイルがデリバリーを頼んで、署で感謝祭パーティーが始まりました。

グルメな人が仲間にいると、おいしいものを食べられるので、いいですよね。

ペラルタもきちんと正装して、パーティーに参加しました。

エイミーの家では、泣いちゃってスピーチができなかったけれど、

今回は「署のみんなを自分の家族だ」という素晴らしいスピーチまでしました。

一晩ですごい成長しましたね。相変わらずドタバタですが、なんとも心温まるエピソードでした。

ローザ・ディアス役のステファニー・ベアトリスとシーズン1-10「サンクス・ギビング」

の感想を紹介しました。笑えるだけでなく、

ジーンとしちゃう場面も盛りだくさんのブルックリン・ナインナイン、ぜひ楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。