「ベイツ・モーテル」オキテ破りのサイコ・サスペンス!あらすじ&見どころ紹介!

殺人鬼を主人公にした映画やドラマは数多くあります。

大抵の場合、物語が始まるところから、すでに殺人鬼は異常な人物として描かれます。

しかし、ドラマ「ベイツ・モーテル」が特徴的なのは、普通の高校生に見える主人公が、

いかに殺人鬼になっていったのか」という過程を克明に描いているところにあります。

「ベイツ・モーテル」はサイコ・サスペンスの金字塔であるヒッチコックの映画「サイコ」をモチーフに、時代を現代に移したドラマ。

「サイコ」の主人公ノーマン・ベイツがまだ若かりし頃という、「サイコ」の前章となっています。

ノーマンがなぜあのような異常者になったのか?

「ベイツ・モーテル」では、観る者は主人公ノーマン・ベイツが徐々に壊れていくプロセスを、ただハラハラしながら見守るしかありません。

しかも、異常なのはノーマンだけではありません。

登場する人物ほぼすべて、どこか普通ではない人たちばかりです。

みな危うさを抱えていて、なんとかバランスを保とうとしながらも、どんどん進んではいけない方向へと進んでいくのです。

誰が一体この負のスパイラルを止められるのか?それともまた新たな負を加えるのか?

そんな先が見通せないスリリングな展開も納得なのが、

企画・製作総指揮・脚本は、大ヒットドラマ「LOST」を手掛けたカールトン・キューズ。

「ベイツ・モーテル」もケーブル放送局A&Eで最高視聴率をたたき出しました。

高い評価も得て、数々の賞にもノミネートされています。

では、その「ベイツ・モーテル」の魅力をさらにたっぷりご紹介しましょう!

「ベイツ・モーテル」が最高視聴率をたたき出した理由

「ベイツ・モーテル」の物語は、まずノーマ・ベイツが、息子のノーマンを連れて、オレゴンの田舎町にやってくるところから始まります。

夫が亡くなったことをきっかけに、ノーマは息子ノーマンと二人で新しい町で心機一転、古いモーテルを買い取って経営することにしたのです。

ノーマは息子ノーマンを溺愛する母。

ノーマンはそんな母から逃れられない極度のマザコン。

映画「サイコ」を彷彿とさせる二人の関係や、家のたたずまいからして、すでに良からぬことが起こる気配に満ちています。

冒頭から、このノーマとノーマン親子が住む家で、事件が起きます。

二人はその事件の暗い秘密を抱えながらも、ノーマンは思春期の男の子らしく恋愛もします。

母ノーマも頼りになる副保安官とデートに出かけますが、この二人の恋愛も思いもよらぬ方向へと進んでいきます。

やがてノーマの長男であり、ノーマンの異父兄でもあるディランが移り住んできます。

同じ息子でも、ディランに対してはかなり冷たい母ノーマ。

憂いを帯びた寂しそうな目をしているディランは、もしかしたらこのドラマに登場する唯一まともな人間?と思わせる顔も見せます。

そんなディランも違法なビジネスに関わっていきます。

しかも、それは彼らが住む町が関わるビジネスでもあります。

つまり、平和そうに見える町そのものも異常なのです。

ノーマは息子ノーマンの普通ではない部分に気づくものの、一人ではどうすることもできません。

ノーマンへの過度な愛情で、彼を管理しようとします。

一方、ディランの忌まわしい出生の秘密も明らかにされます。

様々な人物も絡んできて、物語が進めば進むほど、驚くべきことが次々と起こります。

もはや誰にももう救いはないのか?というところまで、物語は緊張感を帯びてゆきます。

続きを見ずにはいられなくなる。これぞドラマの醍醐味!

このドラマが全米で大ヒットしたのには、やはりたしかな理由があったのです。

母ノーマを演じる女優ヴェラ・ファーミガ

ノーマンの母親ノーマ・ベイツを演じるヴェラ・ファーミガは、

映画「マイレージ、マイライフ」でアカデミー助演女優賞やゴールデングローブ助演女優賞にもノミネートされた女優です。

画像引用元:https://thefilmstage.com/news/vera-farmiga-and-andy-gacia-take-a-tour-with-admissions/

「ベイツ・モーテル」ではサターン主演女優賞も獲得しました。

まず、ヴェラが女優として注目を浴びたのは2005年の映画「Down to the Bone」。

ドラッグ中毒の母親を演じ、サンダンスなど数々の映画賞で主演女優賞を獲得しました。

女優としてだけでなく、ヴェラは「ベイツ・モーテル」では製作総指揮の一人でもあります。

このドラマではヴェラは歌やピアノも披露しており、多才ぶりがうかがえます。

過去の出演作品を見ても、過保護な母親役はヴェラの得意とする役どころです。

また、映画「死霊館」や「エイミー」などのホラー映画への出演も多く、

「Scream Queen(絶叫クィーン)」として、恐怖演出を得意とする女優ともいわれています。

1973年、ヴェラは7人兄弟の2番目として、アメリカのニュージャージ州に生まれました。

両親はウクライナからの移民で、ヴェラは6歳まで英語を話せませんでした。

高校生の頃、学校の演劇の催し物で主役の座を射止めた後、演技に興味を持ち始めます。

シラキュース大学で演劇を学んだ後、1996年にブロードウェイでデビュー。

その後もヴェラは数多くの映画やドラマに出演し、2011年にはドラマ映画「ハイヤー・グラウンド」で監督デビューも果たしました。

このとき、21歳年下の妹で、女優のタイッサ・ファーミガと共演しています。

私生活ではヴェラは1997年にフランス人俳優のセバスチャン・ロッシェと結婚、2004年に離婚しています。

2008年にミュージシャンのレン・ホーキーと再婚。

2009年に息子フィンくん、2010年に娘ジッタちゃんが生まれました。

「ベイツ・モーテル」のノーマンこと俳優のフレディ・ハイモアは、

ヴェラの息子フィンくんのゴッドファーザー(後見人)になるくらい、仲が良いそうです。

画像引用元:https://ew.com/tv/2017/02/01/vera-farmiga-bates-motel-wrap/

来年2019年、ヴェラはゴジラ65周年記念作品となる「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に渡辺謙などと共に出演します。

日本のファンもますます増えるかもしれませんね。

では、ヴェラ・ファーミガのプライベート・データをまとめてみましょう!

本名
ヴェラ・アン・ファミーガ
生年月日
1973年8月6日(しし座)
出生地
アメリカ・ニュージャージー州クリフトン
女優活動期間
1996年~現在
両親
父はシステムアナリスト。母は教師。
配偶者
俳優のセバスチャン・ロッシェ(1997年結婚、2004年離婚)
ミュージシャンのレン・ホーキー(2008年結婚)
子供
一男一女(2009年に息子フィン、2010年に娘ジッタ)
著名な血縁
女優のタイッサ・ファーミガ(妹)
ビジュアル・アーティストのアンドリアーナ・ファミーガ(従妹)
身長
170cm
インスタグラム

息子ノーマン・ベイツを演じる俳優フレディ・ハイモア

画像引用元:https://screenrant.com/bates-motel-season-5-final-trailer/

フレディ・ハイモアは子役の頃から大活躍しているので、ご存知の人も多いはず。

有名なところでは映画「ネバーランド」のピーター役や、映画「チャーリーとチョコレート工場」のチャーリーなど。

映画「奇跡のシンフォニー」では、6か月の特訓を受けて、見事なギターの腕を見せてくれました。

http://www.fanpop.com/clubs/freddie-highmore/images/496799/title/august-rush-wallpaper

子役の頃からフレディを知っている人には、彼のノーマン・ベイツは衝撃的だったのではないでしょうか?

あの可愛かった男の子が、殺人鬼の役なのですから!

フレディ演じるノーマンは、普通にしていればただの気弱な男の子に見えます。

ところが、突然なにかが憑依したように、ガラッと殺人鬼の顔に変わります。

フレディは対極にある二つの人格を、見事に演じ分けているのです。

しかも興味深いことに、「ベイツ・モーテル」の物語が進むごとに、ノーマン演じるフレディの顔は、だんだん母親役のヴェラ・ファーミガに似てきます。

この二人が本当の親子のように見えてくるから不思議です。

フレディは子役の頃から数々の演技賞を獲得していますが、

「ベイツ・モーテル」でもサターン賞のベストアクターなど、多数の賞にノミネートされました。

奇遇なことに、フレディが生まれた1992年は、映画「サイコ」で同じノーマンを演じた俳優アンソニー・パーキンスが亡くなった同じ年でした。

フレディ・ハイモアはロンドン出身。

父親は俳優のエドワード・ハイモア、母親はタレントのエージェントという、ショービジネスに携わる両親のもとに生まれました。

学業も優秀で、ケンブリッジ大学をダブルファースト(2科目で1等学位を取得)で卒業しています。

フレディは2017年から、テレビドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」で主役を務めるだけでなく、製作にも携わり、シーズン2の1話の脚本も書いています。

画像引用元:https://www.popsugar.co.uk/entertainment/Where-Stream-Good-Doctor-44812712

彼の多才ぶりがうかがえて、これからの活躍も楽しみですね。

では、フレディ・ハイモアのパーソナル・データをまとめてみましょう!

本名
アルフレッド・トーマス・ハイモア
生年月日
1992年2月14日(みずがめ座)
出生地
イングランド・ロンドン
俳優活動期間
1999年~現在
両親
父は俳優のエドワード・ハイモア。
母はタレントのエージェント。
身長
178cm
インスタグラム

「ベイツ・モーテル」のトリビア

画像引用元:http://www.wikiwand.com/en/Bates_Motel_(TV_series)

ドラマ「ベイツ・モーテル」はマニアックなファンも多いことから、おもしろいトリビアもたくさんあります。

ドラマをさらに楽しんでいただくためにご紹介しましょう!

  • ドラマ内のベイツ・モーテルのWi-Fiのパスワードは「MOTHER」である。
  • フレディ・ハイモアをノーマン役に推したのは、母親役ノーマのヴェラ・ファーミガである。
  • 「ベイツ・モーテル」でノーマとノーマンが住む家は、映画「サイコ」の家を忠実に再現している。
    この家はヒッチコックが画家エドワード・ホッパーの代表作「線路脇の家」から着想を得た。1925年に描かれたこの絵は、1930年にニューヨーク近代美術館のコレクションの第1号となった作品である。
  • ドラマの中の母ノーマ・ベイツの髪型や衣服などのファッションは、映画「サイコ」が製作された1960年頃のスタイルを取り入れている。他のキャストの衣類はドラマの時代設定どおり、現代風のファッションである。
  • シーズン1の最初の何話かは、フレディ・ハイモアがケンブリッジ大学の学生だった頃に撮影された。
    そのため、当時の撮影はケンブリッジの近辺で行われた。彼は大学卒業のため、半年ほど撮影を休まなければならなかった。
  • マリオン・クレインを演じたリアーナは、あまりにも多忙なため、彼女のすべての登場シーンを5日で撮影した。
  • リアーナ演じるマリオンが勤める不動産会社の名前「R.A. ブロック」は、「サイコ」の原作者ロバート・ブロックへのオマージュである。
  • フレディ・ハイモア(ノーマン役)を始め、他の出演俳優であるネスター・カーボネル(ロメロ保安官役)やマックス・シエリオット(ディラン役)は、一部のエピソードの監督も務めている。ヴェラ・ファーミガも同様に監督を勧められたが断った。
  • ベイツ家の家族はみなすべて、少なくとも誰かを1人殺している。

「ベイツ・モーテル シーズン5~最終章~」

画像引用元:https://1428elm.com/2017/04/18/bates-motel-series-finale-trailer-teases-intense-ending/

現在、日本でもWOWOWで放送されている「ベイツ・モーテル」。

その最終シーズンとなる「ベイツ・モーテル~最終章~」の最終話は、

2019年1月11日(金)午後2時から放送されました。

Netflixでもシーズン4まで配信されています。

ノーマンの物語が最終的にどこで着地点を迎えるのか・・・気になる人は、最終話をお見逃しなく!

コメントを残す