fbpx

海外ドラマの強い女性!働くママをまとめてみました。

本日(5月12日)は母の日です。

日本でも「女性が輝ける社会」「働き方改革」のスローガンのもと、働くお母さんが増加傾向にあります。そこで、今回は海外ドラマの中のワーキングマザーたちをご紹介したいと思います!

キャプチャ画像引用元:https://www.showpo.com/showpoedit/life/cynthia-nixon-running-governor-new-york-heres-lowdown/

「Sex And The City」のミランダ・ホッブス

画像引用元:https://www.hbo.com/sex-and-the-city/cast-and-crew/miranda-hobbes

職業:弁護士

SATCの4人組で唯一のワーキングマザーであるミランダ。

当時友人だったスティーブの子供を身ごもり、悩んだ末シングルマザーになることを決意。

つわりと戦いながら弁護士の仕事を続け、無事に息子ブレイディを出産します。

子守りのマグダや出産後に夫となったスティーブの協力を得ながら子育てと仕事の両立に奮闘していました。

家族の幸せのため、愛するマンハッタンを出てブルックリンに一戸建てを購入!

映画版「SATC 2」では理解のない職場を辞めたその足でブレイディの授業参観に駆けつけ、「初めて見られた!」と喜ぶ姿も。NYの弁護士は激務なんですね。

シンシア・ニクソン

Embed from Getty Images

ミランダ役のシンシア・ニクソンは3児の母。

男性のパートナーとの間に2児、その後同性婚をした女性パートナーとの間に1児を設けています。

シンシア自身も女優業のほかNY市長選に立候補したり、多忙なママとして活躍しています。

「グレイズ・アナトミー」のメレディス・グレイ

画像引用元:https://abc.go.com/shows/greys-anatomy/cast/ellen-pompeo

職業:外科医

メレディスは夫デレクと共にアフリカから養女ゾラを迎え、その後実子ベイリーを授かりました。

しかしデレクが事故で還らぬ人となり、仲間の前から姿を消します。

そしてその間にエリスを極秘出産!3児のシングルマザーとなって戻って来ました。

外科医という超・多忙な仕事(しかも一般外科のチーフ!)をこなしながら育児に奮闘するメレディスを親友のアレックスや義妹のアメリアとマギーが支えます。

メレディスが勤務するグレイ・スローン病院には託児室があり、ミランダやエイプリルなど同僚のワーキングマザーたちもそこに子供を預けている様子がよく見られます。

エレン・ポンピオ

Embed from Getty Images

メレディス役のエレン・ポンピオは夫のクリス・アイヴェリーとの間に3人の子供が居ます。

シーズン1から15までずーーっとグレアナに出演していて、どのタイミングで妊娠・出産出来るの!?と疑問ですが、第2子と第3子は代理出産のようです。

「グッド・ワイフ」のアリシア・フロリック

画像引用元:http://time.com/4322400/good-wife-finale-what-happened/

職業:弁護士

日本でも常盤貴子主演でリメイクされた「グッド・ワイフ」。

アメリカ版ではジュリアナ・マルグリースが主演を務めました。

ロースクールを首席で卒業し、名門弁護士事務所に勤務していたアリシアですが、州検事の夫ピーターとの結婚を機に専業主婦となります。

しかし、ピーターが不倫スキャンダルと収賄疑惑で逮捕され、家族を支えるためやむなく弁護士として復帰し、子育てとの両立を始めます。

アリシアがミランダやメレディスと違うところはブランクが長いところ。

加えて夫ピーターのスキャンダルもあったころから周囲から好奇の目で見られることも。

それでも正義を信じ、家族のために奮闘するアリシアの姿は思わず応援したくなります。アリシアの子供たちは既にティーンエイジャーのため、子育て自体にはそれほど手が掛からない様子です。

ジュリアナ・マルグリース

Embed from Getty Images

「ER」の看護師キャロル役でもお馴染みのジュリアナ・マルグリースは弁護士の夫との間に息子が居ます。女優と弁護士のカップルなんて珍しいですね。アリシアの役作りの相談なんかも出来そうですね!

「マダム・セクレタリー」のエリザベス・マッコード

画像引用元:https://wallpaperscraft.com/download/madam_secretary_tea_leoni_elizabeth_mccord_102324/1600×1200

職業:アメリカ合衆国 国務長官

元CIA分析官のエリザベスはバージニアの大学で教鞭を執りつつ家族との田舎暮らしを満喫していました。

ところが国務長官の急死により、かつての上司であったダルトン大統領に依頼され国務長官に就任することに・・・!

ワーキングマザーの中でもとびきり特殊で責任重大な国務長官という仕事。

エリザベスは夫のヘンリーと3人の子供とともにワシントンに移り住み、女性国務長官(マダム・セクレタリー)として奮闘します。

エリザベスは長女ステファニー、次女アリソン、長男ジェイソンの母。仕事では外交問題の解決に取り組み、自宅に帰れば大学を中退してしまった長女や、慣れないワシントン暮らしで不安定な末息子の対応に追われます。

そんな彼女を見守り支えるのが夫のヘンリー。

彼もバージニアの大学で教鞭を執っていましたが、妻のため退職し、ワシントンに移住してくれました。合衆国国務長官と言えばヒラリー・クリントンが記憶に新しいですね。

彼女もこんな風に仕事に家庭に奮闘していたのでしょうか。

ティア・レオ―二

Embed from Getty Images

エリザベスを演じるのは「ディープ・インパクト」や「ジュラシック・パークⅢ」でお馴染みのティア・レオ―二。ティアは「X-ファイル」のディビッド・ドゥカヴニーと結婚し2児を設けましたが離婚。現在はヘンリー役のティム・デイリーと交際しており、公私ともにカップルとなりました。

アメリカでも日本でも、そしてどんな職業でも働く女性は家庭との両立に悩みながら奮闘しています。

海外ドラマの中の女性たちからもエールをもらえるような気がしますね。

コメントを残す