『モダンファミリー』から学ぶアメリカの多様な家族構成

2009年スタートのコメディドラマ「モダンファミリー」。

そのタイトル通り、現代の家族を描くドラマは個性豊かなキャラクターで構成されています。

日本の昭和から平成時代を色濃く描く「サザエさん一家」に対して、

現代アメリカの文化背景を知ることができる「モダンファミリー」といったところでしょうか。

日本人の私たちにとっては少し不思議に感じる事もいくつかあると思いますが、そんなカルチャーショックを一緒に体験してみましょう!

モダンファミリーから学ぶアメリカ

「モダンファミリー」といえば、一筋縄ではいかない家族構成です。

何年にもわたり、同性愛者の関係、家族間の多様性や非日常的な関係に焦点を当てて描いています。

家族の理想の転換を描き、それぞれの個性の違いを受け入れるよう社会へ伝えています。

1.同性愛

主人公のうちの二人、ミッチェル・プリチェットとキャメロン・タッカーは、結婚を控えたゲイカップル。

控えめで保守的なミッチェルの父ジェイは、当初、二人の関係に反対して、彼らをサポートすることを嫌がっていました。

しかし最終的にジェイは、彼の息子への深い愛と、喜び満足して生きるために、二人の男性が一緒になるということへ心を開くことができた方法を示しています。

引用元:https://cdn1.thr.com/sites/default/files/imagecache/scale_crop_768_433/2014/05/modern_family_cake_a_l_0.jpg

アメリカでは時代が変わったので、ジェイ世代の人は、家庭や家族でそのような体験し始めたとき、同性愛をより受け入れなければなりませんでした。

父が息子のために抱く永遠の愛は、ミッチェルの幸福になる事と、彼自身の意見は無関係であるとジェイが気づくのです。

2.型にはまらない関係

先に紹介したゲイの息子の父親、「モダンファミリー」の大黒柱ジェイは離婚し、再婚しています。

現在のアメリカでは、結婚した夫婦の半数が離婚をしています。

しかし何年も前、社会は離婚を性的犯罪に似たものとして批判しました。

今では社会的礼儀の重要性が緩んだことで、離婚はますます受け入れられています。

ジェイは非常に裕福な60代で、30代後半のコロンビア人女性グロリアと再婚します。

引用元:https://media1.popsugar-assets.com/files/thumbor/uAt9bwX3KkZxWqWuFMfZlJDaysQ/fit-in/1024×1024/filters:format_auto-!!-:strip_icc-!!-/2011/09/38/3/192/1922283/4dfa37288d0f3947_125172_1748_pre/i/Ed-ONeill-Jay-Sofia-Vergara-Gloria-Modern-Family.jpg

ジェイはグロリアとの結婚で離婚を嫌うが、彼女のキャラクターは、高齢者と結婚トロフィーワイフ(高齢男性にとって若く魅力的な妻はトロフィーのようにステイタスの象徴である)のタブーをある意味、壊しています。

本当にお互いに幸せな年の差夫婦の2人のキャラクターは、愛が多くの形で現れ、年齢が単なる数字であることを示しています。

3.面白みに欠ける子供たち

ジェイの娘、クレアと夫のフィルは3人の子供の親です。

長女ヘイリーは、あまり賢くないがお洒落で人気のある子供として知られています。

彼女は外見と学校での人気度をいつも気にしています。まさに一般的な10代の少女の特徴です。

次女のアレックスは、3人の中でも変わり者で皮肉っぽく、社会的には厄介な子供です。

勉強の成績は優秀だけど、人間関係が苦手な女子。

末っ子ルークは父親のフィルに似てまぬけで、やらかしてしまう男の子。

グロリアの息子でジェイの養子であるマニーは、ロマンチックでファッションを気にするスポーツ好きの男の子。

少女のような繊細さと大人びた雰囲気が印象的です。

引用元:http://www.pajiba.com/image/modern-family-cast-photo-children.jpg

これらの4人の子供たちを通じて「モダンファミリー」は、多くの子供が親の理想の子供の枠には適合しないことを示しています。

すべての子供はユニークであり、社会に貢献する独自の方法を持っています。

4.男性的な妻

クレアとフィルの夫婦関係は、少し一般的ではないかもしれません。

クレアは父親の会社のCEOであり、フィルは不動産業者です。クレアは高い威厳とで支配的であり、フィルは温厚でまぬけなタイプです。

多くの家庭では、男性は通常ルールを決めて命令し厳格で、女性は通常、寛大で感情的で親切な傾向があります。

しかし、クレアとフィルの関係は逆転しており、フィルはまるで子供のようで、クレアはルールをいつも決めて、いつも子供の生活や家庭を全部コントロールしています。

すべての夫婦関係が古い世代の伝統的な型に適合するわけではないことを示しています。

5.子供の養子縁組

ゲイカップルのミッチェルとキャメロンは、ベトナムの乳児を養子にします。

昔の世代では、異なる人種の赤ちゃんはもちろんのこと、両親の遺伝的構成が同じではない子供を養子にしている人を見下ろす傾向があります。

引用元:http://images4.fanpop.com/image/photos/23500000/Lily-Tucker-Pritchett-tv-babies-23550654-320-240.jpg

「モダンファミリー」では、どこから来ても無条件に子供を愛することの重要性が強調されています。

彼らがベトナム人の子供のリリーを養子にすることを初めて家族へ伝えたとき、ジェイは不安でしかありませんでした。

しかしジェイがリリーに目を向けるとすぐに、彼は新しい孫娘と恋に落ちるのです。

引用元:https://vignette.wikia.nocookie.net/modernfamily/images/d/da/Jay_and_Lily.jpg/

いかがでしたか? 基本的にはコメディで、クスッと笑ってしまう場面ばかりですが、意外と(失礼?)奥が深いですね。

これが多くのファンを魅了する「モダンファミリー」の魅力の一つでしょう。

家族形態はそれぞれ異なっており、決して間違っていることはありません。

その多様な家族が織りなすドラマは新しいエピソードが登場するたびに、家族のことを思い出し、考え、受け入れようとします。

モダンファミリー関連記事

『モダンファミリー』ソフィア・ベルガラの波乱万丈な人生

コメントを残す