欲望は止まらない!シーズン1第5話のあらすじと感想

欲望は止まらない! シーズン1第5話のあらすじ

第五話:「ビキニを着る勇気」

ボブの過去の浮気をコラリーに話したため、コラリーは家出、ボブはパティを責めます。

パティはハッキングにあってサイバー苛めをしているといわれ、予定していた美人コンテストへの出場が取り消されました。

それを知ったマグノリアは父から逃れたいためにパティに協力を申し出ますが・・・。

欲望は止まらない! シーズン1第5話の感想

前回パティが落とした爆弾は爆発、コラリーは家出をしてしまいました。

ボブはそれがパティの仕業であったことをコラリーの手紙で判り、

激怒、パティを「これが君の恩返しか?」と問い詰めにいきます。

パティの方は、ディクシーの裸の写真を学校中の生徒の携帯に送ったとして、サイバー苛めと言われ、コンテストへの出場権を失いました。

彼女はボブに相談して何とかしようとするのですが、コラリーのことで激怒しているボブは拒否、自分で何とかしろ!と言い捨てて去っていきます。

・・・まあ、自業自得ですよね。

コラリーの態度は確かに酷かったのですが、その仕返しが結果的に自分の大事なボブやその子供であるブリックを傷つけることになるとは、パティは想像もつかなかったのでしょう。

ボブとコラリーの息子、ブリックの方も最近は最悪で、レジーナが逮捕されたことによりバーナード家に居候しているディクシーが、ブリックがレジーナと寝ていたことをマグノリアにばらします。

マグノリアは激怒し、ブリックを殴って別れを告げるのです。

彼は母親は家出しているし、彼女にはふられ、父親とは不快な会話をするはめになったのですね。間違いなく最悪な新学期です。

ボブは何とかしてコラリーに戻ってきて欲しいので、

久しぶりに弁護の依頼がきた時にそれがコラリーの差し金だと知り、倫理を捨てて依頼者の親に協力しようとします。


なんとしてもコラリーを取り戻してみせる」と。

しかしコラリーが家出をしたときに、バーナードを頼ったことをボブ・バーナードから聞くや否や、

そっちがその気ならと前言撤回し、依頼人のクリスチャンを刑務所にいれないために弁護、勝利を勝ち取ってしまうのです。

クリスチャンは以前食堂でパティをナンパした美男子ですね。

彼は麻薬保持で捕まったのですが、彼の母親は所持だけでなく麻薬を販売していると確信、いい経験になるからと息子を刑務所へいれたがっていたのですね。

ところが息子は入りたくないので、ボブと親しいパティに取引を持ちかけて保護観察ですむように工作をしたのです。

ボブは勝ち、クリスチャンは刑務所にはいかずに済みましたが、パティの携帯をハッキングしてディクシーの裸写真を送った人は判らずじまい。

ボブはこれはプロが絡んでると目をつけて、刑務所の中にいるレジーナの周辺を捜査します。

するといたんですよ!

レジーナの同房の女性が、ハッカーなのでした。

ボブはハッカーに取引を持ちかけて、レジーナがハッキングしてパティを陥れたと証言させるのです。

レジーナには復讐でき、パティはコンテストの出場権を手に入れたわけですね。

企みが失敗に終わったレジーナは、激おこぷんぷんでした。

もう諦めればいいのにね、ボブへ復讐を企むの・・・。

学校では父に自分のことをあきらめてほしいマグノリアが、パティがコンテストで優勝するために協力する、と言い出します。

そしてコンテストに出す経歴書には慈善行事が必要なこと、それで資金を集める必要性があることを教えてくれ、パティなら何が出来るかを考えてくれるのです。

決まったのがビキニ・ドッグウォッシュというのは・・・・

微妙~ですが・・・。

ノニは突っ込んでましたけどね。その場にいたほかの女の子達は皆賛成でしたね。

ドッグ・ウォッシュ当日はまたもや懲りずに妨害をするディクシーのせいで、ビキニをきた女の子達が逃げ帰ってしまいました。

これではお客さんがこない、とがっかりしていた時に、居合わせたブリックが思いつきます。

彼はわき見運転での社会奉仕でLGBTの施設へいっていて、そこの人たちと仲良くなっていたのですね。

というわけで、LGBTのメンバーと登場!

お客さんは大盛況で、マグノリアもパティも喜びました。

そこでマグノリアがブリックを見直してもいいかも、と言ったのですが、

散々冷たくされたブリックは、

「君はパティと違って自分のことばかりだ」

といいます。

マグノリアはショックを受けますが、育ちがよくて暴れることが出来ず、

「そんなにパティがいいなら彼女と付き合えば」

といって帰ってしまうのですね。

そんなことは知らないパティは、助けてくれたお礼をブリックに伝えます。

するとブリックはパティをコーヒーに誘います。

以前コーヒーを断られたことがあるパティは少し傷ついて、

私が痩せたからなのね」といいますが、ブリックは首をふるんですね。

父親のボブと話をするきっかけを作ってくれたことのお礼と、君と話しているのは楽しい、といいながら、「本当はこうしたいんだ」と彼女にキス!

パティは喜んで幸せそうです。

それを見てショックを受けショックを受けた自分に気がついて更にショックを受けたのは親友のノニでした。

自分はゲイなのかも・・・と思い出したようです

そして帰らずに駐車場で車に乗りながら、ブリックとパティのキスをみていたマグノリアも、怒りで震えているのでした。

マグノリアは優等生過ぎて辛そうですねえ・・・。

今回は麻薬をしていたことがバーナードにもバレましたが、彼女、これからさらに爆発しそうですよ。

あー、ボブとコラリーが仲直りして欲しいですが、ちょっとコラリーの態度が頂けなくて悲しいです。

今回はパティの純粋さが前面に出ていた回でした。

コメントを残す