ウォーキング・デッド シーズン8 第8話のあらすじ&感想

ウォーキング・デッド シーズン8 第8話のあらすじ&感想

第八話:「暗夜の口笛」

※この記事には「ウォーキングデッド8」の重要なネタバレが含まれているので未視聴の方は注意して下さい。

 

ゴミ山のジェイディス達と聖域に行ったリックは、

そこにいるはずのウォーカーが居なくなっているのを見て愕然とします。

聖域を監視しているはずの狙撃手たちに連絡を試みるも応答はなく。

そうしているあいだに救世主から狙撃され、ゴミ山の住民たちは速攻逃げて行きます。

一人銃撃されるリックのもとにキャロルとジェリーの乗った車が滑り込みます。

場面は遡り、カールとリックが並んで歩きながら会話しています。

ガソリンスタンドでセディクを追い払った帰り道のようです。

他人を信じず、排除したリックに異を唱えるカール。

共に生きていくために戦うのでは?

とこの戦いに疑問を投げかけます。

前進するのは難しい。だから見つけるんだ。」とも。

 

なんて大人な意見でしょうか。あんな小さな男の子だったのに。

闘いに勝つためとヒルトップを去ったアーロンとイーニッドは

オーシャンサイドに向かっていました。

オーシャンサイドの女性たちを味方にするために行くようですが、難しいですよね。

武器を持って行かれて怒っているだろうし、

もともとよそ者を受け入れない人たちです。

車中で、カールの話になった時に年相応にほほ笑むイーニッドが印象的でした。

手土産のトラックを携えてオーシャンサイドに到着したアーロンとイーニッドですが、

なんとイーニッドが銃を向けられたアーロンを助けようとして

リーダーのおばあちゃんを殺してしまいます。

これじゃあ、味方どころか処刑されちゃうよ・・・。

夜も更けたアレクサンドリアには招かれざる訪問者が。

聖域を脱出したニーガン率いる救世主です。

リックのいないアレクサンドリアではカールが指揮をとり、皆を逃がします。

ニーガン達が銃撃を開始しようとしたその時、フェンスの上にカールが現れます。

謝罪と罰を求めるニーガンに対し、

罰が必要なら自分を殺せと言うカール。

 

これが望みなのか?と問われ、複雑な表情のニーガン。

その隙に住人達はトラックで裏から脱出します。

アレクサンドリアの街は住人達によって爆破されます。

残ったカールもあちこちに爆薬を仕掛けます。

救世主の魔の手は他の仲間たちのもとにも忍び寄っていました。

キングダムには救世主の幹部が来て、リック達に家を壊されたから、

自分たちがここに住むと宣言します。

そしてエゼキエルの身柄を要求します。

無反応な住人達に

「渡さないとこれから惨劇が起きる。俺は見たくない。子供たちにも見せたくない。」

と説得する幹部。

おや?この人、サイモンと違ってちょっとまともそうです。

こういう奴は早死にするのですが。

救世主だって全員が極悪人というわけではないですよね。

モラレスのように他に行くところがなくて仲間に入った人も居るでしょうし。

車で移動中のマギー達の前にはジェリーを人質にとったサイモンが現れます。

サイモンはヒルトップは1人を殺し、

救世主のために生産を続けるようマギーに迫ります。

有無を言わさずニールという仲間を撃ち殺したサイモンに成す術もなく、

仲間を埋葬するための箱をもらい、引き下がるマギー達。

街の裏側から逃げた住人達を追ってきた救世主は待ち伏せていたダリル達と銃撃戦になります。

救世主の中にはドワイトの姿も。

救世主を撃ったため、車に同乗していた女の救世主に内通者であることを悟られ、

逃げられてしまいました。

ダリルとタラはドワイトを殺したそうですが、

「俺はまだ役に立つ。」との言葉に連れ帰ることにしたようです。

一方、ウォーカーの居なくなった聖域ではユージーンが眠れぬ夜を過ごしていました。

彼の作戦によりウォーカーを追い払うことに成功したようですが、

これでよかったのかという迷いが酒でも追い払えなのでしょう。

やがて、決心したようにガブリエルとカーソン医師のもとへ行き、

脱出を手助けすると言います。

何も知らなかったカーソン医師はビックリです。

キングダムではエゼキエルが自分の身柄と引き換えに住人とキャロルを逃がします。

キャロルとの別れ際には立派な王に戻っていましたね。

悔しさを噛みしめてヒルトップに戻ったマギーは捕虜を1人射殺します。

ヒルトップが最後の砦になるだろうから備える。

とリーダーらしくジーザスに言い残しますが、

彼に背中を向けた後は泣くのをこらえているように見えました

聖域からアレクサンドリアに戻ったリックはニーガンと対峙します。

肉弾戦の末、撤退しウォーカーと救世主を斬りまくるミショーンと再会します。

カールの導きによって住人達が逃れていたのはセディクを匿っていた下水道でした。

そして青白い顔のカールとも再会します。

しかし彼は、

ウォーカーに噛まれた腹部の傷をリックとミショーンに見せるのでした。

カールはいつ噛まれたのでしょうか?

森でセディクとウォーカー退治をしたときかな?

 

こんなに次回が観たくないと思ったことはないです。

 

ガソリンスタンドの帰り、リックとカールが交わした会話にはこのことが暗示されていたんですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です