ウォーキング・デッド シーズン8 第13話のあらすじ&感想

ウォーキング・デッド シーズン8 第13話のあらすじ&感想

第十三話:「空虚な朝」

見張りの要員から合図のクラクションが鳴らされ、

ついにサイモン率いる救世主軍がヒルトップにやって来ました。

トランシーバーでサイモンと話すマギー。

引き返さなければ38人の捕虜を殺すと言いますが、

人は資源と思っていないサイモンは捕虜は

傷物だどうにでもしろと相手にせず攻撃を開始しようとします。

ドワイトはニーガンが反対する、

生きて戻るかもしれないとサイモンを説得しようとしますが、聞く耳を持ちません。

トラックで壁を突破し、弓矢と銃で激しい戦いが繰り広げられます。

タラを見つけ、狙うサイモン。

ダリルの機転によって命は助かりますが、腕に矢を受けてしまいます。

サイモンの後ろにドワイトの姿を見つけ、

何か言いたげにするダリルですが、作戦のため一度屋内に入ります。

マギーたちによって車のライトが消され、真っ暗闇になったヒルトップ。

暗闇の中、ニーガンの真似をして口笛を吹いているサイモンと救世主たちは建物に忍び寄ります。

そこへ突然ライトで照らされ激しく銃撃されます。

隠れていたリックたちも襲い掛かり、劣勢となった救世主たちは逃げ出します。

「ニーガンを殺したかった。」と言うマギーに、

「外で奴を見た。殺そうとした。」と答えるリック。

マギーは涙を見せながら「ありがとう。」と言います。

強いマギーもリックには心を許すんですね。

農場からのメンバーもリック、マギー、キャロル、ダリルの4人になってしまいました。

一夜明けたヒルトップでは物資が底をつき、

調達の動きが出ていました。

タラとダリルはドワイトについて話します。

自分も一度は総督と共に行動していたけれど、

リックやマギーに会えて幸運だったと。

ダリルにお前は目が覚めたと言われ、ドワイトもそうだと答えます。

しかし、ダリルは昨夜の襲撃の際、

ドワイトがタラを殺そうとしていたと告げます。

リックは修復をしながら、ミショーンに

「奴が最後尾にいた。やるしかなかった。」

と言います。

カールの遺志に背いていることに葛藤があるのでしょう。

その夜。つかの間の休息をとるヒルトップ。

静かな夜かと思われましたが、

昨夜の戦いで傷を負ったトビンが突然ウォーカーに転化し、住人を次々に襲い始めます。

これは怖い。

最近はウォーカーは戦いの道具って感じで恐ろしさが薄れて来てましたからね。

ここらでウォーカーの怖さ見せておこうという感じでしょうか。

静まり返った建物に密集した人々。

ウォーカー的にはディナービュッフェみたいなものですよね。

外ではヘンリーが捕虜たちの元へ行き、

グレゴリーに兄を殺したのは誰かと聞きますが、グレゴリーにもわかりません。

会話を聞いて目を覚ました救世主の1人が

「俺の兄貴も死んだ。復習しても苦しみは消えない。」

と説得していると、建物から悲鳴が。

この救世主、まともな人っぽいんですよね。

マギーに捕虜の処遇改善を進言して、

叶うときちんとお礼を言ったり。

シーズン後半のキーパーソンの1人になりそうです。

建物内は人々が次々ウォーカーに転化し大パニック。

外ではヘンリーが捕虜の柵の中に入り、

兄を殺した奴は名乗り出ろと捕虜たちに銃を向けます。

しかし、鍵を開けっぱなしだったためここにもウォーカーが入り、

混乱に乗じてグレゴリーと捕虜の何人かが脱出してしまいます。

このヘンリー、余計なことばっかりするんですよね。

24のキムを思い出してイラっとします。

転化した仲間たちを殺し尽くしたリック達は、

彼らが噛まれていないのに転化した理由が武器にウォーカーの血が塗られていたためと気づきます。

そして、腕に矢を受けたタラにもその事実を告げに行きます。

タラは冷静に事実を受け止めるのでした。

外を見に来たマギー達は、外で捕虜たちに起きたことを知ります。

何人かの捕虜は逃げずに残り、門を閉めようとしていました。

騒ぎを起こしたヘンリーは姿を消し、

モーガンは惨殺したギャビンの幻覚に苦しめられるのでした。

さらに多くの犠牲を出したヒルトップ。

物資も底をついているようですし、今後の戦いはどうなるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です