ウォーキング・デッド シーズン8 第6話のあらすじ&感想

ウォーキング・デッド シーズン8 第6話のあらすじ&感想

第六話:「分かれ道」

多くの犠牲を出したものの、聖域の周りをウォーカーで囲み兵糧攻めにすることに成功したリック達。

それぞれの現状を手紙で報告し合います。

ダリルと別れたリックが向かったのはアレクサンドリアではなく、

作シーズンのラストで見事にアレクサンドリアを裏切ったゴミ山でした。

何故か裸エプロンで作品を作っていたゴミ山の女リーダージェイディスは、

リックを撃ったのになぜ来たのかと問います。

リックは救世主を追い詰めている証拠の写真を見せ、もう一度協力するように迫ります。

しかし、ジェイディスの答えは「NO」。

リックは捕らえられてしまいます。

こうなると思いました。

なぜリックはゴミ山に固執するのでしょうか。

 

ヒルトップでは捕虜となり、

壁の外に繋がれた救世主たちに食糧を与えていたジーザスをマギーが咎めます。

便乗してグレゴリーも文句を言い、マギーに引っ込むように言われます。

捕虜の扱いについてマギーとジーザスは意見が一致しません。

アレクサンドリアでは手紙を読んだミショーンが車で出かけようとしているところを

ロジータに見つかります。

見に行くだけと言うミショーンに、ロジータも同行することにしました。

2人とも前回の戦いの傷がまだ癒えていないので無理はしないで欲しいのですが・・。

ところで、ロジータのポニーテールが可愛いな~と思ってしまいました。

このドラマ、美形キャラが少ないのでどうしても目が行ってしまいます。

聖域に向かう道中で、2人は音楽のような音を聞き、正体を探りに行きます。

久しぶりに登場したカールは森でウォーカーを倒している青年を見つけ、声をかけます。

ガソリンスタンドで出会い、

リックに威嚇射撃で追い払われたアラブ系の青年です。

セディクと名乗るその青年に水と食料を渡すと、飢えた様子で水を飲み干します。

その様子を微笑みながら見つめるカールを見て、

亡きローリの教えどおり困っているであろうセディクをずっと探していたんだなと胸が熱くなりました。

2人の間には友情が芽生えそうです。

ヒルトップではマギーが捕虜たちを壁の中に設けた柵の中に移し、

従うならば食糧を与え正当に扱うことを宣言します。

ついでにマギーの決定に意を唱えたグレゴリーも同様に柵の中に入れられます。

目いっぱい抵抗し、最後は泣きながら

「私は何もしていないのに・・」

と嘆くグレゴリーにイラっとしたのは私だけではないはず。

捕虜のなかに1人、まともな人格っぽい救世主がいて、

マギーにお礼を言っていました。

この人物がキーパーソンになるのかな。

カールとセディクは森の中で動物の死体に群がるウォーカーの群れを見つけ、とどめを刺します。

そうすることが魂を救うことになるというセディクの母親の教えを実行するためです。

ほぼ丸腰の2人は危うく食われそうになりますが、

何とか全てのウォーカーを倒します。

「なぜだ。」

と問うセディクに

「助けたからには責任がある。親に自分の道を示さないと。」

と答えるカール。

大人になりましたね。

数々の試練を乗り越え、実年齢以上に大人になったようです。

音のする建物に侵入したミショーンとロジータ。

中には2人の救世主と“オペラ”。

前回、救世主たちの会議で話題になったオペラとはスピーカーのことだったようです。

オペラの大音響で聖域に群がるウォーカーたちを引き離そうとしているようです。

偵察中にミショーンが床に落ちていたテニスボールを蹴ってしまい、

侵入がばれてしまいます。

ミショーンは女性の救世主と肉弾戦、

ロジータは見つけたロケットランチャーをぶっ放します。

ミショーンと戦っていた救世主は隙を突いてオペラ搭載の車で逃走しますが、

ダリルとタラの乗ったトラックにぶつけられ横転します。

ロジータのロケットランチャーと、

このトラックのシーン、久々にスッキリしましたね~。

キングダムでは敗退以来引きこもりっぱなしのエゼキエルのもとへ、

痺れを切らしたキャロルが乗り込みます。

もう王ではいられないと繰り返すエゼキエルに

何故自分を気に掛けたのかと問うキャロル。

エゼキエルはキャロルと居るときだけ本当の自分に戻れたと語ります。

それを聞いたキャロルは涙を浮かべながら王国には人々を導く王が必要だ。

演じ切ってと頼みます。

自分も演じて来たのだと。

しかし、エゼキエルの答えはできないの一言でした。

ヒルトップではアーロンがエリックを失った苦しみを語っていました。

マギーに苦しさは薄れるのかと聞きますが、

マギーはグレイシーを抱きながら

「いいえ。だから戦えるの。」と答えます。

そこへジーザスが来て、

捕虜を生かしたのは正しかったとマギーに言います。

しかしマギーは捕虜を生かしているのは戦いに利用するためだと言い放ちます。

カーテンの隙間から漏れる光に照らされ赤ん坊を抱くマギーは聖母のようですが、

放つ言葉は強く冷酷なリーダーのものでした。

ジェイディスの裸エプロン、セディクとカールの交流、

ロジータのロケットランチャーなど、すごく盛りだくさんの回でした。

 

コメントを残す