ウォーキング・デッド シーズン8 第9話のあらすじ&感想

ウォーキング・デッド シーズン8 第9話のあらすじ&感想

第九話:「夢」

※この記事には「ウォーキングデッド8」の重要なネタバレが含まれているので未視聴の方は注意して下さい。

前回はカールがウォーカーに噛まれるという衝撃のラストを迎えました。

彼にこの後何が起きるのか、今まで何年もこのドラマを見て来てよくわかるだけに、

悲しい気持ちで一杯です。

冒頭では救世主がどのように聖域を脱出したかなど、襲撃前の様子が描かれます。

セディクと再会し、アレクサンドリアの下水道に案内するカール。

その少し前に森でウォーカーに噛まれていましたが、

そのことを誰にも告げず、いつもどおり振る舞いリックやミショーン、

イーニッド宛ほか何通もの手紙を書きます。

ジュディスと過ごし、太陽に微笑むカール。

 

 

 

切なすぎます。

モーガンが見守る聖域では、

銃で倒したウォーカーの死体を壁にして救世主たちが窮地を突破しました。

場面は戻り襲撃された後のアレクサンドリアの下水道。

カールの不運を知った面々は沈痛な面持ちです。

リックとミショーンは現実を受け入れられず動揺します。

既に現実を受け入れているカールは手紙を渡し、

セディクを連れてくるときにこうなったのだと説明します。

エゼキエルが捕らえられているキングダムには

モーガンとキャロルが救出のため動き出していました。

この2人の傭兵、最強ですね。

今現在これほど単体での動きが優秀な戦士はいません。

転化が始まり、

苦しそうなカールを介抱するリックとミショーンにセディクが抗炎症薬を手渡します。

彼は研修医だったようです。

彼が医者だら連れて来たのかと問うリックに、

一人では生きられないからだと答えるカール。

彼はリックが失いつつあった良心に従ったんですよね。

地上ではニーガン達が街を爆破しまくっており、

危険を感じたメンバーはヒルトップへの移動を考えますが、

ドワイトは攻撃が収まるのを待つべきだと言います。

下水道ではカールが皆にお別れをしていました。

ジュディスに

「いい子で。時には親に道を示して。」

とリックから受け継いだ帽子を渡します。

 

 

ここで涙腺崩壊。

 

まさかまさか、カールが本当に死んでしまうなんて・・。

ダリルやタラとも別れ、

セディクは「君のしたことは間違いじゃなかったと皆に示す。」と語ります。

カールとセディクはいい友人になっただろうに本当に残念です。

これからは彼がカールの遺志を継ぐキャラクターになるのでしょう。

キングダムに侵入したキャロルとモーガンは次々と救世主を倒し、

エゼキエルの元へ向かいます。

エゼキエルを輸送しようとした幹部は

「お前を気に入ってた。」と本意ではないようですが、

ニーガンに逆らうだけの気概はありません。

やがて、侵入者の存在に気付いた救世主はエゼキエルを連れて建物内に入りますが、

キャロルとモーガンに突入され皆殺しにされます。

モーガン、森でジーザスと対戦したあたりから変ですよねえ。

皆殺しモードがとまらず腸を鷲掴みにしたり、

殺さなくてもいい相手を涙ながらに惨殺したりして、

心配です。キャロルも心配そう。

救世主が去ったアレクサンドリアでは

教会でリックとミショーンがカールを看取ろうとしていました。

ミショーンに自分が死んでも最期をひきずらないで欲しい。

君は親友だと伝え、

リックには自分が刑務所時代に戦意のない少年を殺してしまったこと、

その後ウッドベリーの人々を仲間に入れ一緒に暮らしたことを思い出させ、

その頃のリックに戻って欲しいと伝えます。

この戦いをやめて、皆で未来を見て欲しいのだと。

そして思い描いた平和な未来を語ります。

 

 

 

そして、最期の時を悟ったカールは2人に愛していると告げ、

自ら銃であまりにも短い人生の幕を引いたのでした。

 

 

 

 

 

カールが望んだ平和な未来の続きには、

ほほ笑むニーガンの姿もありました。

 

 

はぁ~~(涙)・・・。

 

あまりにもみっちりカールの死に様を見せつけられ、

物凄くダメージをくらってしまいました。

カールの遺志がリックそしてニーガンに伝わる日が来ることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です