欲望は止まらない!シーズン1第6話のあらすじと感想

欲望は止まらない! シーズン1第6話のあらすじ

第六話:「洗礼で目覚め」

マジック・ジーザスのミスコンに出るには洗礼証明書が必要なのに、パティはそもそも洗礼式を受けていないことが判明しました。

ミスコンまでに受けるには、牧師のいう「自分のことより人のことを」を実行する必要があり、パティはブリックをとってしまったマグノリアにクリスチャンを押し付けようとします。

欲望は止まらない! シーズン1第6話の感想

人間って誰でも問題を持っているものだと思いますけど、本当に問題だらけですね、パティは・・・。

ようやくブリックと付き合えるようになって喜んでいましたが、マグノリアとボブにばれるのが怖くて二人とも内緒にしようと言い合います。

マグノリアはパティの口から正直に言うのを聞こうと何度もチャンスを与えますが、

パティがはぐらかすので切れて「知ってるのよ!人の彼氏をとるなんて最低ね!」というのです。

パティもかちんときて「あなたがブリックをふったんでしょ。彼は今は私に夢中よ!」と言い返し、

マグノリアは怒り狂ってパティに宣言します。


「このミスコンも他のミスコンもあなたには絶対勝ってやるわ」

パティが生まれたころからお母さんは酒に溺れていたのですね。洗礼式をしていないと判りました。

今からでも出来るけれど、そのためには条件がある、と牧師に言われます。

それは利己的な態度をやめ、人のために何かをすること、というものでした。

ボブは息子との仲直り、パティはマグノリアとの仲直りを命じられ、二人はミスコンに出るために何とかそれを達成しようとするのですね。

だけど、どうしてマグノリアに、ブリックの代わりにイケメンをあてがっときゃいいって思ったのでしょうかね・・・。

人間は感情があるんだよ~、パティ~!

パティはマグノリアにクリスチャンを押し付けるのです。

二人とも美形だし、麻薬仲間だし、ということで。

ええ??と思うのですが・・・。

マグノリアは清々堂々としないパティとブリックに裏切られたような気持ちでいるのに、別の男をどうぞって違うと思うぞ。

だけど、パティを自分と同類とみて興味があるクリスチャンはそれにのり、

自分がマグノリアとデートをすればブリックもパティもやきもちをやくだろうと推測します。

それをきいてブリックを取り戻したいマグノリアも話にのるのですね。

ボブは愛してはいてもずっと放置だった息子と向き合おうと、学校へいってレスリング部に顔を出します。

するとそこにいたのはレスリング部の後援会会長のボブ・バーナードでした。

嫌がるボブにレスリングの技をかけるバーナード、ボブはボロボロになりましたが何とか息子の次の試合にはいこうと決心します。

それを伝えに息子の部屋にいくと、ブリックと一緒にいたのがパティだったので仰天、

親子喧嘩をきいたパティはブリックが父親へのあてつけに自分を利用したのかと誤解し、ショックで部屋を出て行きます。

折角の初エッチがなくなってしまった上に、迎えにきてくれた母親にブリックやクリスチャンの話をすると「利己的に聞こえるわ」と言われて喧嘩、

途中で車をおりて見かけたクリスチャンと夜のドライブへといってしまうのです。

しかし、クリスチャンに魅かれているのは事実でも、彼とキスをしたところでパティは考えるのです。

クリスチャンは過去を向いていて、ブリックは未来を向いていると。

クリスチャンとは離れなければ、と思うのですね。

良かった~!確かにクリスチャンは超魅力的ですが(あの瞳はやばい!!)、

育ちも人品も良いのはブリックですよ!良かった、パティがそんなに破滅的ではなくて。

自分がゲイなのかもと悩むノニは、他の女性にゲイだと思われたことにショックを受けます。

女性であれば誰でも恋愛対象になるわけではなく、とにかくパティが好きだと判った彼女は、パティと話をしにいくのですね。

ところがパティは自分がクリスチャンに魅かれているとか、マグノリアとどーのこーのとノニの話を聞きません。

ノニはついに爆発、パティを置いて駆け出しますが、追いかけてきたパティについにキスをします。

パティは混乱しつつも、ノニにいいます。

「あなたを愛してる。世界で一番愛してるわ。だけど・・・そういう意味ではないの」

と。

自分が全てを台無しにしてしまった!と絶望するノニに、パティは必死で話しかけます。

だけどそれは「これからも変わらないわ。私は気にしないのよ」と自分の欲望や考えばかりだったのですね。

ノニはついに「パティはいつも自分のことしか考えていないじゃない!」と叫び、立ち去ります。

あーあ、ですよ~。

あーあ。やっぱりデリケートな話なので、そこはもうちょっと相手の感情に配慮した言い方をすべきでしたよ、パティ・・・。ノニが心配です。

ついにパティの洗礼式の日がきましたが、マグノリアはパティとブリックと仲直りをするとみせかけて近づき、パティに渡したジュースに麻薬をいれていました。

これで洗礼式ではパティがラリって失敗し、ミスコンには出れなくなるだろうという魂胆です。

だけど、その効果は別の方に作用したのですよね。

パティはラリって、精霊の洗礼をしっかりと受けた!と開眼してしまったのでした。

自分の欲しいものをとれ、自分の欲望を優先しろ!と、麻薬でハイになっていることなど知らないパティは精霊からのお告げを受けたと思ったわけです。

洗礼式が終わってから、パティはブリックの元へ直行、

ごめんなさい。でも私たち、別れましょう

と一方的に告げ、クリスチャンの手を引いていってしまいます。

ブリックは本当にパティが好きだったので、かなりショックを受けていましたね。

だけどボブが自分のことを知ろうとして学校へきて、レスリングでバーナードにボコボコにされたことなどをコーチからも聞いていたので、ボブには謝ったのです。

父の敵のレジーナと寝たことも謝るブリックを抱きながら、ボブは「奇跡はあるのかも」と喜んでいましたよ。

息子と仲直りが出来たのですから!

そしてパティも幸せそうでした。

心に従って本当に欲しかったクリスチャンを手に入れた、と思っていたからですね。

しかし彼らが公園でイチャイチャしているところをスマホで撮影する人がいたようです。

・・・これ、目の前で撮ってるんじゃ・・・?

パティ、気がつきなさいよ~。

そろそろ次のミスコンも始まるでしょうか。

パティが破滅に向かって突き進んでいるようで、観ているこっちは常にハラハラです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。