【ダイナスティ】「スティーブン・キャリントン」のキャラ紹介

富豪一族の人間模様を描いた「ダイナスティ」。

ツワモノだらけのキャラクター達が、毎回熾烈なバトルを繰り広げます。

1980年代に人気を博したドラマの復刻版が、Netflixで楽しめますよ。

今回は「スティーブン・キャリントン」のキャラ紹介、おススメエピソードについてご紹介します。

スティーブンは、平和主義者で、心優しい人

画像引用元:https://dynastytv.fandom.com/wiki/Dynasty_Wiki

スティーブン・キャリントンは、キャリントン一家の長男で、発展途上国の開発や財団の運営に力を注いでいます。

キャリントンのような大金持ちの一家に生まれたのに、

スティーブンが興味はあることは、恵まれない人を助けたり、人の役に立つことだったんですね。

経営や経済に興味を持てない彼は、父ブレイクとうまく付き合うことができません。

そりゃぁ、そうですよね。

そして同性愛者でもあります。クリステルの甥、サムともいい仲になってしまいましたしね。

またスティーブンは、ドラマの中では、一番温和で優しい性格をしているキャラクターです。

花柄のシャツが良く似合います。

父が若い女性を紹介して、いきなり結婚するといっても、「彼女はいい人だ」なんて言ってたりします。

その点はファロンとは真逆の素質を持っています。それでも二人は、すごく仲良しです。

父とは確執がありますが、兄弟が仲良しなのはホッとしますね~。

そんな彼を周りはぼっちゃん扱いしますが、スティーブンだってそろそろ本気を出してきます。

その様子はエピソード紹介で詳しく!

スティーブンを演じるのは、ジェイムス・マッケイ

Embed from Getty Images

スティーブン・キャリントンを演じるのは、現在34歳の若手俳優ジェイムスマッケイです。

これまでの俳優キャリアの中で、ダイナスティが、彼の知名度を最も高く上げることになりました。

ジェイムスのインスタグラムには、ファロン役のエリザベス・ギリースと一緒に写ってる写真が多くありました。

 

 

プライベートでも仲がよさそうですね。

ドラマの中でも二人は、仲良し兄弟ですし、写真を見てちょっと嬉しかったです。

You Tubeでは、サム役のラファエル デ ラ フェンテと、Some where over the rainbowを歌っている動画がアップされていました。

ラファエルの歌は普通かなと思ったけれど、ジェイムスのピアノは、なかなか良くないですか!?

ドラマの中でもピアノを弾くシーンがあると嬉しいです。

スティーブンが署長に直談判!シーズン1エピソード4「家族の秘め事」

それでは最後にスティーブンが成長する様子が分かる、エピソードをご紹介します。

シーズン1エピソード4、「家族の秘め事」です。

前々回、スティーブンは、警察に連行されました。

会社の技術者であり、クリステルの元浮気相手のマシューが殺さました。

そしてなんとスティーブンがFBIに疑われてしまったんです。

スティーブンは環境問題を訴える活動をしていたので、

エネルギー開発を阻止しようと、人を雇ってマシューを殺させたんだというんです。

えぇーーーーーー!!絶対違うよ!!!

運転手のマイケルやファロンにも相談し、なんとか自分の無実を証明したいスティーブン。

サムにも一緒にいたアリバイを証言してほしいと頼んだけれど、昔の悪さがばれたら大変と断られてしまいました。

サム、もう少し協力してくれてもいいんじゃないの?

それともそんなに悪いことをしていたのかしら?

結局スティーブンは、なぜかキャリントン家に良く入り浸っている、警察署長に真犯人を探すように直談判します。

このシーンは、スティーブンの憤りが良く伝わってきて、なんというかスッキリします!!

「あんたが真犯人をきちんと探さないから、僕が疑われるんだ!ちゃんと仕事をしろ!!」と、

そうだそうだ!

今までスティーブンを坊ちゃん呼ばわりしていた、署長に言ってやったんですよ!

この署長、キャリントン一家に入り浸って、前々捜査とかしてなさそうです。

コーヒーを優雅に飲んで、そりゃぁスティーブンも怒ります。

ブルックリン99のホルト署長を見習ってください。

その後、マシューの同僚のウィリーが何者かに殺されました。かけつけたスティーブン。

その後、署長はウィリーの遺書にマシュー殺害は自分がやったと書かれていたと言います。

でもスティーブンが駆け付けた時は、そんなものはなかったんです!!

これで事件が解決したんだと言わんばかりにスティーブンに、訴えかけます。

証拠品のマシューの携帯電話で、署長を操っていたスティーブンは、しぶしぶそれを返します。

スティーブンの容疑は晴れても、謎は深まるばかりです。

それにしてもこの署長さん、なんだか怪しすぎる気がするのはわたしだけでしょうか??

ダイナスティ関連記事

【ダイナスティ】「クリステル・フローレス」のキャラ紹介 【NETFLIX】待望のシーズン2がスタート!ダイナスティが人気の理由とは? 【ダイナスティ】「ファロン・キャリントン」のキャラ紹介

コメントを残す