fbpx

「ウェントワース女子刑務所」個性的な看守達を紹介!

日本でもシーズン6も放送され、ますます人気が出てきている「ウェントワース女子刑務所」。

今回はそんな「女子刑務所」で働く歴代の個性的な看守達を紹介してまいります!

※アイキャッチ画像引用元:https://www4.fusionmovies.to/tv-series/wentworth-prison-season-5/nPHIBNDH/4VpLHffx

ヴェラ・ベネット(ケイト・アトキンソン)

https://www.pinterest.jp/

ウェントワース1の真面目過ぎる性格の持ち主です。

ヴェラは、同居している母親から幼少期の頃から精神的虐待を受けており、それが理由で自分に対する劣等感が強く、とにかく自分に自信がない人物です。

仕事に対しては本当に真面目で、それが裏目に出て視野が狭くなり、囚人や色んな人達にすぐ騙されてしまいます。

ファーガソンに騙されたり、恋人ジェイクにも騙されたり、散々な目にあいながらも決して仕事を休まない所は、普通の人には到底真似できるものではないでしょう。

ウィル・ジャクソン(ロビー・マガシヴァ)

https://www.pinterest.jp/

囚人に対する情が厚すぎる!正義感が強く優しすぎる看守です。

ウィルは、囚人達とも友好な関係を気付いており、主人公ビーの事は特に気にかけていました。

看守がそこまでするの!?と視聴者が思うくらい囚人達に優しく、気が短い所はあるものの本当に心優しい人物です。

ウィルも最愛の妻を殺されてドラッグにはまりながらも、ヴェラと同じく絶対に仕事を辞めたりしません。シーズン5の最終話では遂にファーガソンを手にかけるという衝撃的な行動を取りましたが、ウィルのファンが増えた事も間違いなしです!

エリカ・ダビットソン(リーアナ・ウォルスマン)

https://www.pinterest.jp/

仕事よりもフランキーを優先!

エリカは、看守としての仕事意識は低い人物で、自分の感情を何より優先して動いてしまう人物です。

フランキーの事を好きになってからは、仕事などほっといてフランキーを監視カメラでずっと観察してしまうほど。残念ながらシーズンの最初の方で途中退場になりました。

マシュー・フレッチャー(アーロン・ジェフリー)

https://www.pinterest.jp/

不純な行動が多すぎて自らトラブルに巻き込まれている人物です。

仕事は基本的には真面目なのですが、不倫や裏切り行為、囚人との肉体関係も持っていて、人として尊敬できるような所があまりありません。

ファーガソンの企みに気付いた時は、友人のウィルを守る為に行動を起こしますが、最終的には事故の怪我により後遺症が残ってしまいます。

リンダ・マイルズ(ジャクリーン・ブレナン)

https://prisonercellblockh.fandom.com/wiki/Jacqueline_Brennan

仕事より倫理観よりとにかくマネー!

リンダは感情より何よりお金で動くダメな看守です。お金を渡せば、すぐに買収されてしまい、時にはトラブルを引き起こす事も。

今の所、リンダ自身が巻き込まれている事はほとんどなく、ウェントワースの中では比較的いい思いをしている看守と言えます!

ジョアン・ファーガソン(パメラ・レイブ)

https://wentworth.fandom.com/ja/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%BD%E3%83%B3

最恐で最悪なサイコパスな看守長!

看守としても囚人としてもウェントワースで一番の存在感を放つ悪魔のような人物です。典型的な精神病質者で他者に対する共感性はなく、自分の利益の為ならば、人を欺き、陥れ、殺人も犯すほどです。

看守長という立場から、囚人になるという異色な存在で、とにかく被害者が数えきれないほど多いです!特にヴェラは、ファーガソンの一番の被害者で、巧みに騙され洗脳され、C型肝炎までなってしまいました。

シーズン5で、ビーの意思を受け継いだアリーとウィルによって生き埋めにされてしまいますが、本当に自業自得としか言いようがありません。

ジェイク・スチュワート(バーナード・カレー)

https://www.tapatalk.com/groups/l_anon/wentworth-part-iii-australian-female-prison-drama-t6898821-s25180.html

ずる賢い中途半端な子悪党!

ジェイクは、看守でありながらお金の為ならば犯罪にまで手を染める人物です。

ファーガソンみたいに突き抜けて悪事をするわけでもなく、麻薬の売人だったり、ヴェラを騙していたのに好きなってしまったり、ファーガソンに弱みを握られ利用されたり、善にも悪にもなり切れない中途半端な存在に。

いつ囚人になってもおかしくない看守ナンバーワンです!

ブリジット・ウエストフォール(リビー・タナー)

https://d1e5t59v5asibx.cloudfront.net/api/v1/web/image/content/dam/images/entertainment/shows/w/wentworth/Articles/wentworth-s6-characters-bridget.png

他の囚人のケアしてるの?と言いたくなるほどにフランキー優先!

ブリジットは、レズビアンであり、囚人達のカウンセラーですが、エリカと同じで少しフランキーを優先しがちな所があります。

ただ、基本的には真面目な性格で、ファーガソンの悪事に気付いた際には、正当な手段で抗議をする行動を起こしました。

最終的には、フランキーの為にもウェントワースを辞める形になりましたが、今後の展開で注目される重要キャラクターの1人になるでしょう。

回は「ウェントワース女子刑務所」に出てくる看守達を紹介しました。

囚人だけじゃなく、看守達がこんなにクローズアップされているドラマは「ウェントワース女子刑務所」以外ではないと言えるでしょう。

最新シーズン6で看守達が、どんな風に話に絡んでくるのか楽しみでたまらないですね!

ウェントワース女子刑務所関連記事

「ウェントワース 女子刑務所」主要キャラの服役理由をまとめてみた。 「ウェントワース女子刑務所」フランキーの魅力を紹介!! 「ウェントワース女子刑務所」ビー・スミスの魅力を紹介!!

コメントを残す