【Hawaii Five-0】 大きいけどキュート!ルー、ジェリー、カマコナの素顔!

Hawaii Five-0に登場する大きいけど可愛らしい3人を紹介します!

キャプテン・ルー・グローヴァー

一人目のビッグマンは、シカゴSWAT隊長からある事件がきっかけでハワイへ、そしてFive-0の一員となったキャプテン・ルー・グローヴァー役のシャイ・マクブライド。

 

1961年9月23日生まれ、イリノイ州シカゴ出身です。身長はなんと194cm!マックギャレット役のアレックス・オローリンでも185cmと一緒にいてもどうりで大きく見えるわけですね。

これまで、60以上のさまざまな映画やテレビシリーズで出演しているマクブライドですが、元々はシカゴで楽器を学び、ゴスペル合唱団で歌うなど、音楽のキャリアを積む予定だったそう。

某携帯電話会社に就職した後に音楽活動を再開し、そこから数々の作品に出演する道が拓けました。

プライベートのマクブライドは、美人な奥様と可愛い息子を持つ一家の主。毎日忙しい中、家族との時間を大切にしているのが、奥様のInstagramで知ることができます。

二人ともお洒落!奥様がスタイリングをしているのかもしれません。

Five-0ではいつも素敵なアロハシャツを着ているマクブライド。気になったのでどこのブランドか調べてみました。彼のシャツはハワイのアロハシャツブランド 『reyn spooner』のもので、マクブライド演じるキャプテン・ルー・グローヴァーが痩せて見えると評判です。

彼の身長と脚の長さが際立っているのはシャツのおかげなのかも!?

ジェリー・オルテガ

二人目のビッグマンは、謎の陰謀論者からFive-0のコンサルタント、そしてついにFive -0のバッジを正式に受けたジェリー・オルテガ役のホルヘ・ガルシア。

Embed from Getty Images

ガルシアは1973年4月28日、ネブラスカ州オマハで生まれ、カリフォルニア州オレンジ郡のサンフアン・カピストラーノで育ちました。

ガルシアの父ウンベルト・ガルシアは、チリで生まれた医師で、母親のドーラ・メサはキューバ生まれの教授です。意外と?お堅い家系の出身なのですね。

ちなみに1995年には、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に入学しています。

その後ビバリーヒルズ劇場演劇学校で演技を学び、有名チェーン書店で働きながらオーディションを受け始めました。

地元のテレビ局で、チェーンハンバーガー店Jack in the BoxのCMが彼のキャリアのスタートです。

ガルシアがブレークしたのは人気ドラマ『LOST』で、全エピソードのうち2/3に登場し、最もエピソードに登場するキャラクターになりました。

Five-0では2013年のシーズン4から出演していますが、長髪、顔は髭で隠されていたジェリーという怪しいキャラクターにファンが増えました。

ちなみに、彼の身長は180cm、体重は推定136kgだそうです。犬と音楽が大好き。かつてレコード店で働いていた時には新しい彼の長い髪を切るよう要求され、仕事をやめたという過去も。

Five-0のシーズン8ではその髪も切ってサッパリしていますが、やはり長髪がガルシアの印象です。

そんなガルシアにも家族がいます。悲しいことに、不法移民に対するDACA政策の打ち切りをきっかけに、彼は30年間住んだアメリカを追放され家族と離れることになりました。

この件についてはいくつかの保護団体が動いています。誰もが認めるアメリカの俳優を守りたいと、ファンから愛されているのがよくわかります。

カマコナ・トゥプオラ

最後にご紹介するビッグマンは、地元ハワイの悪者を良く知る元悪者?

今はFive-0の友人としてスパイまでも引き受ける元シェイブアイス屋、現在はシュリンププレート屋のカマコナ・トゥプオラ役のテイラー・ワイリー。

Embed from Getty Images

ワイリーは、ハワイ州ホノルル生まれの元相撲力士で、誕生日は1969年6月14日です。

実は彼、日本とは結び付きが強く、17歳の時、伝説の相撲力士、高見山大五郎のもとで稽古し、力士として挑戦していました。

1993年、UFCの最初のイベントで、偉大な戦いを見せ、彼の歯を蹴飛ばされ目を覚ますなど、危険な目にもあったそうです。

力士以外では、1992年以来プロのミュージシャンとして活動しています。テレビ出演はハワイ地元のテレビ番組などで、ゲスト出演したところからスタート。

今ではすっかり、Five-0のカマコナ役として定着していますが、長編映画でホテルシェフ役として出演しています。あの大きな身体は料理好きなシェフ役が似合うのでしょう。

Five-0のメンバーが彼に調査の手伝いなど頼みごとをすると、自身の顔がプリントされた黄色のTシャツを着て、強引にシュリンプ料理を買わせるカマコナ。

独特なハワイのピジンアクセントとあの笑顔は、ハッキリと印象付けます。地元ハワイのスターであるワイリー。ハワイのビデオインタビューで、ファンについて話しています。

「カマコナのキャラクターは僕に似ていて、演じるのが楽しいよ。間違いなく、この人生を変えたくないな。今どこに行っても、皆、僕にすぐ気づくけど、それは楽しいことだし、いつも楽しみにしてるんだ。」

そう言って両手でシャカ(手で作るアロハポーズ)をしたそうです。ワイリーは自分の個性(話し方や表情など)をカマコナとして表現出来ることと、受け入れてくれるファンにとても感謝しているそうです。

プライベートのワイリーは、高校サッカーをする若い男性を準備するオアフ島の著名な青少年サッカープログラム)への関わりを非常に誇りに思っています。

時間のある時には、家族と一緒に過ごしたり、瞑想したり、テレビでスポーツを見たりとリラックスしているそう。ここに奥様と2人の子供とのショットがあります。

Five-0のプレミアムイベントでの写真です。サモアプリントのシャツで仲の良さが伝わります。

http://www.honolulupulse.com/2014/09/fashion-tribe-h50-sotb-2014/

Embed from Getty Images

 

今回はFive-0の中でも一際目立つ、大きな身体のキャラクターの三人をまとめてみました。

身体だけでなく、ビッグなハートでこれからも私達を癒してくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。