「ブルックリン・ナイン-ナイン」ジーナ・リネッティのキャラ紹介!

Netflixでシーズン4まで楽しめるお騒がせ刑事ドラマ、ブルックリン99。

第一話をみたら、一気見せずにいられないほど、面白いです。

ニューヨークで活躍する敏腕刑事達なのに、なぜかみんなかなりの変わり者というキャラ設定に、まんまとハマってしまいます。

ギャップがある人って、やっぱり魅力的だし、人間味があって面白いですもんね。

ブルックリン99は、キャラクター達みんながアツいです。

そのなかでもおそらく一番の変人キャラ「ジーナ・リネッティ」のキャラクター設定と、

ジーナが活躍するおすすめエピソードをご紹介します。

ジーナはタフで1番の変人キャラ

画像引用元:http://brooklyn99.wikia.com

変人って、語気が強いのであまり使いたくない言葉ですが、

ジーナには使ってもいいんじゃないかなと言う気がします。

というのもジーナは、ものすごい強いメンタルの持ち主で、ちょっとやそっとのことではへこたれたりしないんです!

わたしがこれまで観た海外ドラマに出てきたキャラクターの中で、

一番タフなキャラクターなんじゃないかなと思います。

99分署内でのジーナの立場を説明すると、彼女だけは刑事の資格をもっていないんです。

ペラルタ刑事から事務の仕事を紹介してもらって、事務や署長の秘書として働いているんです。

と言っても仕事はほとんどしていなくて、スマホでネット通販のチェックやゲームをしてるんですが。

ジーナは、空気を全く読まない性格で、ものすごい自信家で、

かなりユニークな考えの持ち主なので、周りの刑事からも不思議がられることが多いんですよ。

そんな変わり者のジーナですが、ものすごく素晴らしいところがあるので、

それはジーナが活躍するおススメエピソードと一緒に紹介したいと思います。

ジーナを演じるのは、チェルシー・ペレッティ

Embed from Getty Images

ジーナ・リネッティを演じるのは、今年で40歳になった、チェルシー・リネッティです。

ドラマの中では、かなり若々しい雰囲気なので、40歳ということにかなり驚きました。

チェルシーの旦那さんは、有名なテレビプロデューサー、ジョーダン・ピールです。

ジョーダンは、脚本賞でアカデミー賞を受賞したこともあるだけでなく、

コメディアン、俳優としても活躍しています。

Embed from Getty Images

チェルシー自身もコメディアン、ライターの顔を持っています。

夫婦で同じお仕事しているので、仕事の相談やたまにケンカしてるのかなぁなんて、想像しちゃいます。

チェルシーは最新コメディー映画「Spinster」の主演を務めることが決まっています。

日本での公開については、まだ情報が見つかりませんでした。

ドラマの中でしかチェルシーを観たことがないので、スクリーンの中での彼女の演技をぜひ観てみたいですね。

ジーナ・リネッティが大活躍!シーズン4エピソード3

それでは最後にジーナ・リネッティが大活躍するエピソードを紹介したいと思います。

今回おススメするのは、シーズン4エピソード3の「フロリダ:パート3」です。

フィッギスという犯罪者から命を狙われたホルト署長とジェイクは、

NYからフロリダに引っ越し、正体がばれないよう潜伏生活をしています。

そんな二人の危機を知った99分署のみんなが、フロリダまで助けに行くというストーリーです。

無事ジェイク達と合流したナインナインのみんなは、

フィッギスをおびき寄せて、捕まえることを計画します。

しかしホルト署長は、逃げる途中で太ももに重傷を追ってしまい、

動くのも困難なので、ジーナが付き添って、計画には参加しないことになったんです。

ジェイクとホルト署長が働いていたゲームセンターにフィッギスを呼び寄せて、

そこでとっつかまえてやろうとするんです。

でも相手は簡単に倒せる敵ではないので、みんなどこかで腹をくくってるんです。

刑事ドラマはそういう覚悟が必要な場面が、よくありますね。

そんな命がけの捜査にホルト署長は加わることができず、ものすごい歯がゆい思いをしてるんです。

部下が命張って現場にいるのに、自分は怪我をしていけないとなると、そりゃぁ苦しいです。

そんな時、ジーナが言うんです。

 

署長、みんなのところに行きましょう!私たちふたりが組めば、最強のチームよ」と。

 

ここのシーンで、ものすごく感動しちゃいました。

ジーナってホルト署長のようなツワモノがあきらめるときでも、あきらめないんだなぁって。

 

不死鳥のような不屈の精神の持ち主だからこそ、

ジーナは99分署の中で一番強気な性格で、上から目線なんだろなと。ふふ。

不死鳥とは関係ないとは思いますが、ジーナはたまに、鳥のポーズをするダンスを踊ってるんです。

 

もちろんこの後、ふたりは現場に合流し、みんなを助けることができました。

このエピソードを観て、チームワークって、いいなぁって心底思いました。

ジーナたちが駆け付けてなかったら、みんなけっこう危なかったですしね。

そしてジーナの根源にある強さも知ることができて、ジーナが好きになりました。

シーズン3エピソード10「リアル・ダイハード」もジーナがとても面白いので、こちらもよかったら観てみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。