欲望は止まらない!シーズン1第12話(最終話)のあらすじと感想

欲望は止まらない! シーズン1第12話のあらすじ

第十二話:「悪いことばかり起こるのは・・・」

パティは誘拐されて行方不明になり、それにクリスチャンが絡んでいると思ったノニとブリックは懸命に探し始めます。

一方ボブはコラリーとバーナードに選択できないことを迫られ、悲しみの底へと落ちていくのです。

欲望は止まらない! シーズン1第12話の感想

前回ロキシーを誘拐しようとして自分が麻酔銃に当たって気絶してしまったパティは、

目がさめたらステラ・ローズとロキシーが自分を覗き込んでいて驚きます

何とロキシーはステラ・ローズを見限ったわけではなく、ボブを罠にはめたのと言い出すのです。

ロキシーを大会が終わるまで誘拐しとこうと思ったのに、同じことをステラ・ローズにされたわけですね。いやはや・・・。

その頃ボブは、バーナードとコラリーと3人でキスをし、何と3Pにもつれこもうとしていました!

あら、まあ、ですね・・・。

しかし残念なことにパティを探してブリックとノニがアームストロング家へとやってきます。

3人は必死で服をきて誤魔化そうとしました。

まあ、バレバレでしたけどね。ブリックの痛そうな、呆れたような顔が気の毒です。

パティは翌朝、一度だけ逃げ出せます。

この時は手首をガムテープで縛られていただけだったので、すぐに外せたんですよね。

どうにかして街へ戻り、ボブへと知らせたいと思ったのでした。

しかし山道は誰も通らず、歩いても歩いても街までいけません。

そこでやっと来た車をハイクしようとしますが、その車に乗っていたのはロキシーで、結局また捕まってしまいます。

次はしっかりと手錠をはめられてしまいました。

いいから全力で暴れてみればいいのに、と観ている方はイライラ(苦笑)

バーナードがミス・マジック・ジーザスの不正について自分がやったことだと電話をしたために、

マグノリアはパティと同1位に戻れました。

彼女は喜び、今は父の圧力もないからとコンテストに出たいと言い出します。

バーナードはまたお前はハイになると反対し、ロキシーは慌てるのですね。

マグノリアはその態度が気に入らず、父に腹を立てます。

パティの家にいったノニとブリックは、下着姿のレジーナがパティの家の台所でマフィンを焼くのを見て驚きますが、すぐに不法侵入と気づいてせめます。

レジーナがクリスチャンからパティへプレゼントがあったことを言うと、ノニとブリックはクリスチャンがパティを誘拐したんだろうと考えるのですね。

そこでノニは警察官の父親に頼んで探してもらうことにします。

ところが父を探してウィンナータコス店へいけば、チョイが店のバンが盗まれたことで父に相談しているところに出くわすのです。

ノニはバン持ち出し表の文字がパティのものだと気がつき、パティが店のバンを盗んだのではないか、と思うのです。

きっとバンの中で暴食しているんだろう、と。

すごいなあ~、ノニ!だけど真実はもっと悪いよ!

その頃ボブは自分が泊まるホテルにコラリーとバーナードを呼び出し、

昨日息子に邪魔をされた3Pをしようと楽しみにしています。

最初にきたコラリーは、やっぱりこれは違うと思うの、と不安を口にだしますが、

そのあとで着いたバーナードがマグノリアと喧嘩をしたことで凹んでおり、

それを慰めている間にいい雰囲気になって、結局3人で寝るんですね。

愛する二人を絆を作り、ボブはこれまでにない満足感と幸福感を感じるのでした。

クリスチャンは偏愛からパティにプレゼントした腕輪のGPSでパティを探しますが、

実はレジーナがパクっていたのでレジーナのところに行き着きます。

怒るクリスチャンに、レジーナはアドバイスをするのです。

「パティが世界一望むことが何かを知り、彼女にそれを与える方法を考えなさい」

と。

クリスチャンはいい考えだ!と思います。

・・・・全く余計なことしてくれますよね、レジーナは。

クリスチャンは間違いなくやばい男ですから、これ絶対何かに影響しますよ!

ステラ・ローズは幸せでいっぱいのボブに会いにきて、

罠にはめたこと、ロキシーはまだ自分がコーチしていることを告げます。

ミスコンでの優勝が夢であるボブをこれで不幸に出来ると思ったわけですが、

現在幸福の真っ只中にいるボブは、「気にならない」と答えるのですね。

ステラは、気にならないとはどういうことか、と問い詰めますが、

もう既にボブの中で大会はさほど大切ではないこと、ボブは大変幸せを感じていることを理解し、愕然とします。

ボブを不幸にするためだけに頑張っていたんですよね、この人・・・。

しかしボブ・バーナードといいコラリーといいステラといい、ボブってマジで愛される人間なんですね。

皆変質的にボブを熱愛してますよ~。

去られて悲しみのあまり狂ったステラと、ゲイとわかっても離れたくないコラリーと、一途にボブだけを狙ってきたバーナードと。

ステラ・ローズはボブを不幸に出来ない、じゃあどうする!?と考えて、最悪なことを思いつきました。

それはパティを自殺にみせかけて殺すことです。

ステラはパティのところに戻り、ボブへの復讐であんたを殺すと宣言します。

怯えるパティに遺書を書かせ、ステラはバンを出て行きます。

しかし遺書を書いたことでようやく現実を受け入れたパティは、このまま負けてられない!と奮起するのです!

最後の食事よ、とステラがばら撒いていった御菓子からクリームを出して腕につけ、

手錠をなんとか外して脱出、地区大会の受付に間に合ってやる!と直接会場に乗り付けるのです。

そこで店からとられたバンを追跡していた警察とチョイ、ブリックとノニがやってきます。

パティが事情を説明する間もなく、携帯にはマグノリアからのメールが来るのです。

パティはマグノリアに会うからといってまた行ってしまうのでした。

ってか、もう~!!

ちゃんと事情をその時に説明しとけよ~!皆心配したんだよ~!

誘拐されて、命からがら逃げてきたことを話しなさい!

とりあえず警察には話しときなさい!

その頃ボブは、コラリーと夕食を作りながらバーナードの帰りを待っていました。

ところが帰ってきたバーナードはボブとだけ話したいといい、コラリーもボブもそれを拒否します。

3人で一緒にいるなら隠し事はなしだ、ということなのですね。

しかしバーナードはボブが目的であり、コラリーはおまけだ、というようなことを言い、

それに腹を立てたコラリーも「私が必要なのはあなただけなの」と言い出します。

ボブ、大パニック!

さっきまでバラ色だった人生が、急にかげりだしました。

ボブは何とか3人で幸せになりたいことを話ますが、コラリーもバーナードもボブを独り占めしたいと譲りません。


どちらかを選べ、と言われてボブは悲嘆にくれるのです。

マグノリアにメールで呼び出された場所へとパティがいってみると、そこにいたのはクリスチャンでした。

びびるパティ。

ならすぐにそこから逃げろよ~!!と思いますが、マグノリアはどこ?と聞きます。

クリスチャンはマグノリアを気絶させてトランクに突っ込んでいました。

ミスコンの邪魔だから、二人で一緒に殺そうと思って、とクリスチャンは言います。

レジーナのアドバイスを受けた結果なんですよね~・・・・これ。

パティの望みはミスコンでの優勝で、マグノリアはミスコンに出ることにした、

そして自分は負けたことがないとクリスチャンに言ったのです。

だからクリスチャンは、パティのためにマグノリアを排除しようと考えたのでした。

あ~あ、なんてこったい。

ショックを受けたパティは「殺さないわよ!」と言いながらマグノリアの手首の縄を外し、

誘拐をするなんて何て酷いことを、といいかけて気がつきます。

自分もロキシーを誘拐しようとしたことを。

クリスチャンはそれを知って喜びますが、その時マグノリアが目覚めます。

そしてバールを持つパティをみて、「何をしてるの?」と聞くんですね。

マグノリアが目覚めたことで焦ったクリスチャンは、君がやらないなら俺がする、とvバールをパティから奪い取ろうとします。

パティは咄嗟にバールでクリスチャンを殴り、悲鳴をあげるマグノリアに「逃げて!」と叫ぶのです。

マグノリアを逃がしたことで腹を立てたクリスチャンが、パティに向かって罵詈雑言を投げつけました。

「お前は悪い人間だ!」と。

パティは必死で打ち消しますが、何度も言われたために激怒、持っていたバールでクリスチャンを滅多打ちにしてしまうのです。

「私はいい人間よ!」

と叫びながら。

クリスチャンが動かなくなり、返り血を浴びたパティは愕然として座り込んでしまうのでした。

ボブはどうしても一人を選べず、車の中で酒を飲みながら悲しみにくれていました。

ハッピーからの急な転落がよほど辛かったのでしょう、彼はまた銃を口にくわえて自殺をしようとします。

すると、その時に、パティからの電話が!!

1話目と一緒だ~!

これで二人は運命を感じたのだった~!

パティの呼び出す場所までいったボブは、血だらけで泣きながら謝るパティを見つけて仰天します。

そして言うのです。「何があったか、最大漏らさずに話せ」と。

まあ一応弁護士ですからねえ、そういうのはなれてますよね。

パティから話をきいたボブは、殴りすぎているから正当防衛にはならない、と断定。

警察には電話できないといいました。

仕方なく、クリスチャンの遺体ごと車を湖に沈めることにしたんですね。

ところが折角決心して違法行為をしているのに、車は沈む前に途中で止まってしまいます。

このままでは全てがバレバレ、殺人犯で捕まる!となって、ボブは切れました。

ボブの役の人、他のドラマではシリアスな重役ものが多かっただけに、

ボブのコミカルな動きにはめちゃ笑えてしまうのですが・・・(笑)

今回も、跳ねながら腕を振り回して、

「なぜなんだーっ!!!」って切れてましたよ。ははは、可愛い。

息を切らすボブに、隣でパティは言いにくそうに声を出します。

「それとね・・・・多分、私・・・ステラ・ローズを殺しちゃったわ」

と。

ボブ、呆然。

あーあ、パティ、やっぱりステラを殺しちゃってたかー・・・・・。

もうどうしようもないですよね。これ以上悪くなることなんてないってレベルの状態・・・。

欲望は止まらない!のシーズン1は、これで終わりです!

総合的な感想としては、

 

一体なんだこのドラマは!?」でした。

ミスコンは最初のころこそメインで出ていましたが、最後になるにつれてパティが暴れる動機付けにしかならず、

もっとミスコンのシーンがあると思っていたのでその点が残念です。

途中からワケわからん暴走が始まった感じ・・・。

ブラックユーモアドラマなわけですから、まあそれは良いのかな、と思いますが、

このドラマの評価が良いと悪いの真っ二つに分かれているのが理解できました。

個人的には残念!だけどこれからどうなるのかはすごく興味があるので、シーズン2は是非見たいです!

だけどこれ、本当にもうどうしようもないよねえ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。