サバイバー:宿命の大統領シーズン1第8話あらすじ&感想

サバイバー:宿命の大統領 シーズン1 第8話のあらすじ&感想

第八話:「信念が生み出すもの」

ナサールの葬儀が行われ、マスコミに彼の死が感づかれます。

議員選挙の開始について会見を開いていたセスですが、記者にその件を突っ込まれナサールの死を認めます。

機密事項だったはずなのにと慌てるアーロンですが、トムとも打ち合わせ済みでした。

息子のルークを人質に取られたFBI副長官のアトウッド。

心配するハンナに「友達の家にいた。」と胡麻化しますが、信じられないくらい演技が下手で、

しかも誘拐犯から持たされた不振な携帯を隠しもせずにデスクに上げています。

もしかしてワザとかな?ハンナに気付かせようと?

勘の良いハンナは何かおかしいと気づきカタランのことを報告せず自席に戻ります。

登校するレオに声をかける記者の男。

彼はぶしつけに「大統領は実父じゃない?」「父親は刑務所に?」と声を掛けます。

一緒にいたマイクが男を追い払いますが、レオは学校を早退し、トムとアレックスのもとに行き真相を問いただそうとします。

そして実父がわからないこと、事実を隠されていたことを知りショックを受けるのでした。

そうだよね~。

誘拐犯に呼び出されたアトウッドの後をつけるハンナ。

隣のビルから様子を伺っていましたが、その様子をカタランに見られていました。

尾行も雑だし、脇が甘いぞ!

カンザスで起きた集団感染症が投票所を狙ったバイオテロであることが判り対策を検討するトム達。

犯人の目的は選挙を阻止させることですが、彼らは議会の再建のため選挙を行うことを決断します。

トムのもとにレオとの親子関係について行ったDNA検査の結果が届きます。

封筒を手にしたトムはレオのもとに行き、

「お前はずっと息子だ。でもお前の気持ちを考えるべきだった。すまなかった。」と封筒を渡し、

事実を知るかはレオに委ねます。

アトウッドは誘拐犯の指示に従いホワイトハウスのトムを訪ねます。

そしてナサールを毒殺したのは自分だとこれまたどヘタな演技で嘘の自白をします。

ルークの誘拐に気付いたハンナが後を追っていましたが間に合いませんでした。

バイオテロの容疑者が逮捕されたものの、

容疑者の男が犯罪グループに所属していたことから同じような事件が他の投票所でも起きるかも知れないと選挙の中止を考え始めたトムですが、

犠牲者となった女性の娘が母親の信念についてテレビでコメントしているのを見て選挙の実行を決断しました。

トムの力強い言葉に記者たちも深く頷いていました。

ハンナはアーロンに呼び出されナサール殺害を自白したアトウッドについて、変わったことはなかったか尋ねられます。

直前に何者からか「ショアに何も言うな」というメッセージが携帯に入っていたのを確認したハンナはアーロンには心当たりがないと答え、

メッセージの送信先を追跡させます。

いよいよ選挙当日。

トム達も一有権者として投票所に行きますが、投票所はテロを恐れて人が来ずガラガラ。

ホワイトハウスに戻ったトムのもとに封筒を手にしたレオがやって来ます。

結局レオも封筒を開けることはせず、「パパがいる。」と言ってくれました。

気落していたトムにいいことがありました。よかったね!

アーロンに呼ばれたトムがテレビの前に行くと、

各地の投票所に多くの人が集まっている様子が映し出されていました。

大統領であるトム自らが投票所に足を運んだことが功を奏したようです。

議会再建の第一歩にトムも感慨深げでした。

レオの学校に記者を差し向けたのがリサだと判り、トムはセスを通してリサに会います。

そして、封筒の中身を渡し自分が生物学的にもレオの本当の父親であることを明かしました。

恐縮し、ホワイトハウスでの取材許可書を返納すると申し出るリサに

「その必要はない。記者とは対等な立場だ。」

と寛大な処置のトムでした。

アーロンに会う直前に送られてきたメッセージを解析し判明した電話番号に電話するハンナ。

通話相手はマクリーシュについて「105号室を調べて」と言ってきた女性でした。

会って話したいというハンナに「11:14PMを調べて」とまたしても謎のメッセージを残して通話は切れました。

果たして彼女は何者なのか・・・?

キンブルに「何故カークマンを支持するの?どうせ失脚するのに。」と聞かれるマクリーシュ。

キンブルに「それを狙っているのね。そうすれば時期大統領はあなたになる。」と畳みかけられますがのらりくらりと彼女の猛追をかわします。

外に出たマクリーシュに声をかけたのはルークを誘拐した女!

マクリーシュもアトウッド同様操られているのでしょうか?

知らぬは大統領ばかりなり・・。

という感じでトムの知らぬところでさまざまな問題が起きている回でした。

トムでは無理そうだから、キンブルあたりがマクリーシュの怪しさに気付いてくれるといいんですけどね~。

シーズン中盤に入り、ますます面白くなりそうですね!

サバイバー:宿命の大統領関連記事

サバイバー:宿命の大統領シーズン1第4話あらすじ&感想 サバイバー:宿命の大統領シーズン1第10話あらすじ&感想 サバイバー:宿命の大統領シーズン1第6話あらすじ&感想 サバイバー:宿命の大統領シーズン1第11話あらすじ&感想 サバイバー:宿命の大統領シーズン1第1話あらすじ&感想 サバイバー:宿命の大統領シーズン1第5話あらすじ&感想

 

コメントを残す