ゲームオブスローンズ シーズン8(最終章)第4話のネタバレ・あらすじ&感想

5/6に放送されたゲームオブスローンズ最終章第4話のあらすじと感想です!

4話のメイキング映像と第5話の予告動画も掲載しています。

最終章第1~3,5,6話のあらすじ&感想はこちらです↓
ゲームオブスローンズ8章(最終章)第1話のネタバレ・あらすじ&感想 ゲームオブスローンズ8章(最終章)第2話のネタバレ・あらすじ&感想 ゲームオブスローンズ シーズン8(最終章)第3話のネタバレ・あらすじ&感想 ゲームオブスローンズ シーズン8(最終章)第5話のネタバレ・あらすじ&感想 ゲームオブスローンズ シーズン8第6話(最終話)のネタバレ・あらすじ&感想

【ゲームオブスローンズ】シーズン8(最終章)第4話のネタバレ・あらすじ

シーズン8第四話:「最後のスターク家」

死者の弔い

前回の死者の軍団との戦いで戦死した者たちの弔いが行われます。

ジョラーの死を悲しむデナーリスとシオンの死を悲しむサンサ。

ジョンは皆の前で彼らの死が未来永劫忘れられぬよう、語り継ごうと話します。

そして遺体に火をつけていきます。リアナ、エッド、ベリック達の姿もありました。

ウィンターフェルの宴

その夜、ウィンターフェル城では戦争の勝利を祝う宴が開かれます。

会場にアリアの姿がなく探すジェンドリー。その姿を見たデナーリスが呼び止めます。

「ロバート・バラシオンの息子だな」というデナーリス。

「落とし子ですが、ロバート王が死んだあとに知りました」と答えるジェンドリー。

デナーリスは父親であるエイゴン・ターガリエンはロバートによって失脚したと話します。

緊張感に包まれる会場ですが、デナーリスはロバートの血族であるジェンドリーがストームズエンド(嵐の果ての城)の領主なるべきと話し、その場でジェンドリーを任命します。

喜ぶ一同、もともとバラシオン家に仕えていたダヴォスも喜びます。

光の王の目的?

ティリオンとダヴォスはメリサンドルについて話します。

メリサンドルに次に会ったら殺すつもりだったと話すダヴォス。

メリサンドルと光の王の目的は一体なんだったのか?と話すティリオン。

ティリオンは一人でいるブランを見つけ話しかけます。

スターク家唯一の嫡出の息子でなのだから北部の領主になるべきでは?と話すティリオンに、

「もう何も望んでいない」と話すブラン。

宴はさらに盛り上がりをみせます。

トアマンドは一気飲みをしてデナーリスを讃え、デナーリスはナイトキングを倒したアリアを讃えます。

デナーリスの姿に盛り上がる場を見て不安げなサンサ。

ジェイミーとティリオンとブライエニーは、予想が当たってたら一気飲みをするというゲームをして遊びます。

「ドラゴンに乗れるなんて、変人か王のどちらかだ」と、トアマンドは酔っ払いながらジョン・スノウがいかに凄い男かを讃えます。

ゲームを続けていた3人でしたが、ティリオンがブライエニーに対し、

「男とも女とも一度も寝た事がない処女」である、という予想を発言したため、ブライエニーが怒って席を後にします。

そこに空気を読まずやって来たトアマンド。ブライエニーにあしらわれ悲しみます。

悲しむトアマンドはハウンドの元へ。邪魔者扱いするハウンド。

そんな2人の元へ北部の女性が誘いにきます。喜んで相手するトアマンド。

ハウンドは「触るな」と北部の女を突っ返します。その様子を見ていたサンサがハウンド元へ。

「俺を見る事すらできなかった小鳥が強くなったな」というハウンド。

「あれからあなた以上に酷いものを沢山みてきた」というサンサ。

「話は聞いている、あの時俺と一緒に王都から逃げていればそんな目には逢わなかった」というハウンドに対し、

「リトルフィンガーやラムジーとの経験で小鳥だった自分を終わらせる事ができた」と言い返すサンサ。

ジェンドリーの求婚

一人で弓矢の練習をしているアリアを発見したジェンドリー。

デナーリスによって嵐の果ての城の領主になった事をアリアに伝え、アリアも喜びます。

そしてそのまま、アリアに「結婚して妻となり一緒に嵐の果ての城の公女になろう」と、プロポーズをするジェンドリー。

アリアはキスをしますが、「私は最初からレディでなない」と断ります。

ブライエニーとジェイミー

怒って部屋へ帰ったしまったブライエニーの元へジェイミーが訪れます。

酒を飲みなおそうと強引に部屋に入ります。

「トアマンドの事は気に入ったか?君を失って悲しんでたぞ」というジェイミー。

「嫉妬したのか?」というブライエニー。

「そうかもな」と答え、暑さを理由に服を脱ぎだすジェイミー。

何をしている?というブライエニーでしたが、空気を察し、自分も服を脱ぎ始めます。

「騎士と寝たことなない」というジェイミーに対し、「私は誰とも寝たことが無い」というブライエニー。

「それならティリオンのさっきの発言は当たりだ。酒を飲め」とジェイミーが言い、そのままキスをします。

デナーリスの頼み

部屋にいるジョンの元へデナーリスがやって来ます。

キスをする二人ですが、出生の件が気になり途中で止めてしまうジョン。

デナーリスは、ジョンの出生の秘密をこれ以上誰にも話さないで欲しいとジョンにお願いしますが、

家族であるサンサとアリアには話さないといけないと言います。

サンサがもし真実を知ったら、私を消してあなたを王にすると言うデナーリス。

サンサはそんな事するはずないと言うジョンですが、

サンサはあなたの知っている娘のころのサンサではないと言い、絶対に誰にも言わない様にジョンに強くお願いします。

それでも、サンサとアリアにだけ話さないといけない、それでも絶対に俺は鉄の玉座など求めないというジョン。

真実を話してしまったら、何もかも取返しのつかない事になるというデナーリス。

作戦会議

王都を攻めるにあたって作戦会議が開かれます。

無理に攻めて罪の無い人まで殺してしまうより、サーセイを排除できれば王都の民は自然とデナーリスを王と認めるだろうというティリオン。

一同のその方向で話しを進めていきます。

途中、サンサが傷ついた北部の民を休ませてあげたいと言いますが、デナーリスがそれを拒否。

傷ついているのはこちらも同じであり、時間があけば空くほどサーセイは力を蓄えてしまうと言います。さらに、

「助けに消えた我々に対して、北部の人間は恩を返すのを遅らせるのか?」と語気を強めます。

サンサとデナーリスの間に険悪な空気が流れますが、忠誠を誓ったのだから貴方に従いますと言うジョン。

ジョンの態度に「話がある」とウェアウッドの木の下へ呼び出すアリア。

最後のスターク家

ジョン、サンサ、ブラン、アリアのスターク家4人で話し合いを行います。

ジョンの気持ちは分かるが、デナーリスを信じられないというアリア。

私たちは家族だろうと説得します。

「俺は今まで一度も自分をスタークだと思った事はない」というジョンに対し、

「例え母親が違えど、私たちは家族だ」というアリアとサンサに複雑な表情を浮かべるジョン。

「今からいう事を絶対に誰にも話さないと誓ってくれ」というジョン。

「何の話なの?」と言うアリア。

「いいから訊く前に誓ってくれ」というジョン。アリアとサンサは誓うと言い、ブランに真実を話すようにお願いするジョン。

ブロンの交渉

部屋でティリオンとジェイミーが雑談をしているところに、密かにウィンターフェルに忍び込んでいたブロンがやって来ます。

驚く二人でしたが、いつものように軽口を叩きます。しかし様子のおかしいブロン。

二人にクロスボウを向けたまま、サーセイからお前らを殺すように頼まれたというブロン。

「そんなつもりは無いだろ」と話し始めるティリオンの顔を殴り、本気である事を伝えるブロン。

望みを言えというジェイミー。

「サーセイは褒美としてリヴァーランをくれると言ったがお前らなら俺に何をくれる?」というブロン。

ティリオンは「ハイガーデンをくれてやる」と言い、

「戦が終わったら捜しに来るからそれまで死ぬなよ」と言い残しブロンはその場をあとにします。

王都へ出発

一人馬に乗りウィンターフェルから出発するハウンド。そこにアリアがやって来ます。

「王都でやり残した事がある」というハウンドに、「私も王都に用がある」というアリア。

二人は昔の様に同じ旅路を行きます。

空を飛ぶドラゴン。レイガルも飛べるまでに回復しています。

その様子を見ながらティリオンにデナーリスに対しての不安を口にするサンサ。

女王は信じられる人物だと説得するティリオンですが、

「デナーリスではなく、もっと良い候補がいるとしたらどうする?」と言うサンサ。

王都への出発の準備をしているジョンの元にトアマンドがやって来ます。

トアマンドは自由の民を連れて壁の向こうへ戻ると言います。

「自由の民はここにいても構わない」というジョンですが、我々の家はここじゃないと言うトアマンド。

ジョンはゴーストも一緒に連れていって欲しいとトアマンドに頼みます。

トアマンドは「お前には北部がついている。真の北部がな」と言い、また会おうとハグをします。

そこへサムとジリもやってきます。ジリをハグをした時、ジリが妊娠している事に気づきます。

照れるサム。あーだこーだ言い訳しますが、ジリに止められます。

「男の子だったらジョンと名付けるわ」というジリに、「女の子だと良いな」と照れるジョン。

「お前は一番の親友だ」とジョンとサムは抱き合います。

トアマンド、ゴースト、サム、ジリに見送られながらジョンは王都へ出発します。

ドラゴンストーン城へ

ティリオンとヴァリス、グレイワーム、ミッサンディと軍隊は船でドラゴンストーン城を目指します。

ジョンの出生の秘密を知ったティリオンはヴァリスに相談します。

ヴァリスはいくら秘密にしてもそれはいずれ数百人の知るところになると言います。

また、デナーリスよりもジョンの方が王としての資質があると思うと言うヴァリス。

それでもジョンはデナーリスを愛しているから王にはならないだろうと言うティリオン。

急襲

ドラゴンストーンへ向かう船の上を飛ぶドラゴン達。ドロゴンの上にはデナーリスが乗っています。

その時、レイガルに巨大な弓が飛んできます。

2発、3発と弓が命中し、首に命中したところで海に墜落するレイガル。

絶句するデナーリスの目の先にはユーロンの船隊。

船の上では巨大な弓(スコーピオン)が備え付けられていて、レイガルに続いてドロゴンにも複数の矢が飛んできます。

間一髪のところで回避するドロゴンとデナーリス。

ユーロンは目標をドラゴンからドラゴンストーンへ向かっているデナーリスの船隊へ向けます。

次々と放たれる巨大な屋に、船が次々と破壊されて行き、ティリオン達は海に放り出されます。

なんとか浜辺へたどり着いた面々でしたが、ミッサンディの姿がありません。

捉えられたミッサンディ

王都にて、サーセイへドラゴンを1体殺し、船隊も破壊した事を報告するユーロン。

そこには捉えられたミッサンディの姿もありました。

ドラゴンストーン城ではデナーリス、ティリオン、ヴァルス、グレイワームの4人で会議が行われています。

ドラゴンを殺されミッサンディまで囚われたデナーリスは怒りで冷静さを欠いています。

このまま王都へ侵攻しドラゴンの炎でサーセイを殺すと言います。

ヴァリスはデナーリスの判断を間違っていると指摘します。

それでは罪の無い沢山の民が被害に遭い、仮にサーセイを殺したとしても王とは認めてもらえないと。

ティリオンはサーセイに対し、ミッサンディを解放し、王都を明け渡すように交渉しようと言います。

仮にサーセイが断れば、民が死んでしまっても断ったサーセイのせいだと説明できるから、そうしようと納得するデナーリス。

ヴァリスの決意

ティリオンとヴァリスは二人で話します。

ヴァリスは自分が世界の救世主だと思い込んでいるデナーリスを危険視します。

ティリオンはドラゴンを従え炎の中から出てきたのだから、誰だって救世主だと思うさと、言います。

しかしヴァリスは、今まで数多くの王に仕えたきたのは全て民の為であり、罪もない民が王の誤った判断で死んでしまうのであれば、こちらにも相応の行動に出ると言います。

その発言はデナーリスを裏切る事を示唆するもので、ティリオンは驚きます。

ジェイミーの決断

デナーリス達が要撃された報せが北部にも届きます。

サンサは「これでサーセイはドラゴンの炎で焼き殺される。処刑される姿がみれなくて残念」と言います。

それを聞いたジェイミーは一人、王都へ出発する準備を始めます。

行かないでくれというブライエニー。「あなたは姉とは違い良い人だ」「私のそばにいて欲しい」と言います。

それを聞いたジェイミーは、ブランを突き落とした事など過去に犯した罪を告白し、

「俺もサーセイと同じく卑劣な人間だ」と言い、出発します。泣き崩れるブライエニー。

最後の交渉

王都へ入るための巨大な門の上に、サーセイ、ユーロン、ミッサンディがいます。

目の前には少ない軍隊を連れたデナーリス達。

門からクァイバーンが一人で近づいてきて、ティリオンを交渉を始めます。

サーセイさえ投降すれば王都は安全だと言うティリオンに対し、

女王(サーセイ)にその意思は無い、デナーリスが無条件降伏せよと告げるクァイバーン。

埒があかないと判断したティリオンは門に向かって歩いていきます。

一斉に弓を構える弓兵達。

サーセイは手を挙げティリオンを殺すか躊躇いますが、手を下げティリオンの話を聞きます。

「お前は怪物ではない。常に子供ためを思い生きてきた。その愛はジェイミーに向けられるものより強い。このままでは、お腹の子供を始め罪もない沢山の子供たちまで死んでしまう事になる。お腹の子の為にも考え直してくれ」とそう伝えます。

暫く黙ったままのサーセイは、ミッサンディに「最後に言うことはあるか」と尋ねます。

ドラカリス

 

ミッサンディがそう言うと、サーセイはマウンテンに指示を出し、

ミッサンディの首を切り落とします。

 

その様子を見ていたグレイワームは顔を背け、デナーリスは怒りに震えます。

 

ここで第4話終了となります。

第4話のメイキング映像

HBO公式による第4話のメイキング映像になります。

第5話の予告編

5/13に放送される第5話の予告編になります。

【ゲームオブスローンズ】シーズン8(最終章)第4話の感想

前半の平和な雰囲気とはうって変わって、後半は辛い展開でした…。

ラスト10分間の緊張感は凄まじく、見終わった後はもの凄く疲れるエピソードでした。

順に振り返っていきたいと思います。

死が確定しました。

ジョラー、シオン、リオナなど主要キャラが複数死んでしまった前回。

ジョラーとシオン、もしかしたらどちらかくらい実は生きてました的な展開を期待しましたがダメでした。

ゲームオブスローンズでは死者をしっかり弔うシーンって少ないですが(突然敵に襲われたて死んだりするか処刑なので)、

今回はしっかりと弔いを行えて良かったです。ジョンの「彼らが忘れられぬ様に受け継ごう」という台詞が良いですね。

気になった台詞

戦を終えた面々の楽しそうな雰囲気◎

ティリオンの失言によってお開きになってしまいましたが、ブライエニーまで楽しそうに飲んでいる姿はGOTにしては珍しく平和なシーンでした。

そんな中、気になったのはティリオンとダヴォスの会話です。

メリサンドルが消えた事について言及していますが、この時「光の王」の目的について触れるんですね。

今までその存在も不思議な力の謎もあまりしっかり説明されていない光の王。

ここにきてティリオンがその件について触れた事は今後何か起きる伏線なのでは?と勘ぐってしまいます。

また、ティリオンとブランの会話で出てきた「もう何も望んでいない」というブランの台詞。

今までホワイトウォーカーとの戦いの為だけに存在していた様な三つの目鴉の力ですが、「もう何も望んでいない」とは、

願っていた平和が訪れたから良いって事なのか、もしくは夜の王が死んだ事で誰もしらない何かを手に入れている可能性があるという事なのでしょうか。。

ぼっちだったデナーリス

戦争に勝てたのは間違いなくデナーリスが協力してくれたおかげでしたが、羨望の眼差しはジョンやアリアにばかり向いて気分の良くないデナーリス。

デナーリスも、ジョンが玉座を欲したら継承権的にも民からの支持率でも負けてしまうと感じている部分はあると思いますね。

またジェンドリーを嵐の果ての城の領主に任命したのは、たんに民からの支持を得るためだけの策略ではなく、

ロバートの正式な血族であるジェンドリーが、鉄の玉座を欲する事がないように先に手を打ったという感じがします。

トアマンドが最高だった

最終章に入ってからトアマンドのキャラの良さが爆発している気がします。

今思えばシーズン2で初めてジョンと会った時は敵同士でしたが、

「あいつがドラゴンに乗ってるとこみたんだよ!ドラゴンに乗るとかやべー奴だろジョン・スノウは!」

今ではこんな感じでジョンをべた褒めするトアマンド。最高ですね。

ブライエニーに振られて傷心かと思いきや、すぐに北部の女の誘いについて行くところも最高です。

北部に戻るという事で、もう登場はしないかな??

GOTスピンオフ作品として「トアマンドとゴーストの冒険」を是非作って欲しい。

ハウンドが感じたこと

ハウンドとサンサが会話するシーン。

「リトルフィンガーとラムジーのおかげで小鳥だった自分を終えられた」なんて凄い事言いますね。

ハウンドの言う通りシーズン2でハウンドと一緒に王都から逃げ出していたら、ラムジー達とは出会っていなかったかもしれませんが、

今のサンサの様な強い女性にはなっていなかったでしょう。

サンサの言葉を聞いて微笑むハウンドが良かったです。アリアといい似た者同士な姉妹だなって思ったのかな。

「ガキ」から「戦士」へ、「小鳥」から「北の領主」となった二人の成長を見て、ハウンドは自身の乗り越えなければならない壁に向かって王都へ向かいます。

結ばれた二人

今までは友人とも恋人いえない微妙な距離感でお互いを信頼しあってきたジェイミーとブライエニーでしたが、とうとう男と女の関係になってしまいましたね。

これは「おめでとう」で良いと思います。ただ、ジェイミーがブライエニーの部屋に入ってきた時に、

「なんかこの部屋暑いな。服脱ごう。」っていう無理矢理そっちの方向に持っていこうしてる台詞には、「童貞かよ」とツッコまずにはいられませんでした。

あと、ティリオンがブライエニーに「処女だろ」って聞いた時、ポドリックが酒をグビっと飲んだのは面白かったです。

一瞬で広がっていく秘密

「絶対誰にもいうなよ!秘密だぞ!誓え!」と散々念押ししたジョンでしたが、一瞬で広がりましたね。

”あの二人は家族だから言わなければ⇒自分とスタークだと思ったことは一度もない。”

なんかこの辺のジョンの心情がいまいち分かりません。デナーリスと付き合い始めてからちょっとウジウジしてますね。そりゃサンサも心配します。

まさかのクソキャラ化か

ちょっとショックだったのがブロンの件。

ブロンの飄々としていながらラニスター兄弟と関わるキャラ大好きだったんですけど、ここにきて金の亡者キャラになっちゃうのは悲しい。

なんだかんだ王都で助けてくれるイケオジである事を期待します。

(ところでいきなりウィンターフェルに潜入してきましたけど警備とかどうなってるんでしょうか。)

もっと見ていたいコンビ

団体行動が苦手なハウンドとアリアが昔の様に一緒に行動を始めました。

王都までの間どんな冒険があるのか、しっかり見たかったですが残り2話しかないので細かくは描かれないでしょうね。

ハ「俺が怪我したらまた見殺しにするのか」

ア「たぶん」

ハ「笑」

このやり取りが最高でした。

ドラカリス

特大の死亡フラグが立っているのはグレイワームの方だと思っていましたが、まさかミッサンディとは・・。

中盤くらいまで平和だなぁと思ってみてた4話でしたが、このシーンで「お前が見ているのは”ゲーム・オブ・スローンズ”なのだ」と実感させられた気がしました。

戦場には立たないキャラなので死なないと思ってたのは甘かったです。最後に言い残した言葉が「ドラカリス」。

あれはミッサンディからデナーリスへ向けられた「攻撃して下さい」という意味の言葉だと思います。

緑の目

最後のサーセイと交渉するシーンで気になったのが、やたらとデナーリスとサーセイのアップが多かった事。

見ててすぐにデナーリスも緑の目をしていると気づきましたが、あれば制作側の狙いがあると思います。

前話でアリアが「緑の目」を殺すと予言されている事に触れましたが、「緑の目=サーセイ」だけではないという伏線を張ったのかと。

サーセイは幼いころ魔女に「兄弟に絞殺される」という予言を受けています。

個人的には誰かが殺してスッキリしたいですが、サーセイは予言すら跳ね返してしまいそうな気がするので怖いですね。

ホワイトウォーカーとの戦争が終わったと思いきやこの展開。さすがゲームオブスローンズですね。

残り2話ですが、一体どうやってこの物語を終わりにするのでしょうか。

次回の5話は、キャストやスタッフが以前からインタビューで、

最終章の中で最も重要なことが起こる」と言われているエピソードです。

今回の4話より少し長い80分となっています。最初から最後まで凄まじい緊張感に包まれていると思うので、

リアルタイムで見る方は事前にトイレに行っておきましょう。

それではまた来週。

ゲーム・オブ・スローンズ関連記事

1 COMMENT

コメントを残す